郡山市のプリスクールにおけるイマージョン教育レポート


by ysschool2006

ハロウィンもすぐそこまでやって参りました。

今月の初め、スクールはハロウィンのデコレーションに身を包み、二週目には大きなカボチャが到着しています。ハロウィンの陰であまり目立たないのですが、今月のテーマは「服(clothes)」です。

b0083872_1424253.jpgHalloween costume の紹介と合わせて導入を図っています。絵本やピクチャーカードを見ながら、witch や ghost などの言葉も覚えました。これらのキャラクターは室内の至る所に貼ってあるので、日常的に確認作業をしています。

来週から、いよいよ本格的にハロウィンを楽しんで参ります。31日には、trick or treating にも出掛ける予定です。みなさん、何に仮装するか、もう決めましたか?


さて、今朝のフリープレイタイムでも目を見張る出来事が起きました。

今朝は絵本を広げる子と、ボーリングで遊ぶ子に分かれていました。A.Sh.ちゃんの大のお気に入りは、エリック・カールの "Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?" です。今朝もこの本を広げて声に出して読んでいました。

ふと気付くと、音読はいつしかクイズになっていました。"Red bird, red bird, what do you see? I see a...?" 、"I see a....?" と語尾を上げて、お友だちがその続きを答えるのを促します。

すると、S.S.ちゃんがこれに応えて、"Blue horse!" 。A.Shちゃんは、"I see a blue horse looking at me. Blue horse, blue horse, what do you see? I see a...?" と続けていきます。

次は、今までボーリングで遊んでいたH.K.くんが、急に手を止めて、振り向きざまに "Green frog!" と答えました。どこかでちゃんと聞いていたのですね。

こんな感じで、A.Sh.ちゃんの音読&クイズは、何名かのお友だちを引き連れて、結局最後の teacher まで続きました。

火曜日に引き続き、私がとても感動したことは、日本人の子ども同士でも、なんらかの媒体(今回は絵本、前回はブロック)さえあれば、互いに英語を使って遊ぶことができるということを確認できたことです。

これまでの子どもたちは、外国人の先生方には英語で話しかけ、日本人保育士や私には日本語で話しかけていました。(これは、私が見学させていただいた加藤学園幼稚園でも同様に見られたことでした。その日は避難訓練の行事が入っていて、子どもたちは変則的なスケジュールで動いていたからかもしれませんが。)

ですから、前年度以来、当スクールでの100%日本人というお友だち関係において、日本語はごく自然に発せられておりました。おそらく外見で判断しているのでしょう。「この人は見た感じ日本語で大丈夫だな」みたいな思考が成されているのだと推測しています。

このため、私たちもできるだけ自由保育を避け、次々に課業を繰り出し、あらゆる方向からインプットとアウトプットを工夫して参りました。

加藤学園の小学生の教室では、お友だち同士の会話もすべて英語でなされていました。これは、"No Japanese" というルールに則って、そのように強制されているからです。

しかしながら、小学生と幼児では、発達もやるべきことも全く異なるのですから、幼児に "No Japanese" を強要することは、全くナンセンスだと私は考えています。

このようなことから、今日こうして誰に何を強制されるでもなく、ほんの短い時間でしたが、日本人のお友だち同士でごく自然に英語を使って遊んでいる姿を見ることが出来たことに、非常に感激したのと同時に、一つの可能性を見出したような気持ちになって、ちょっとわくわくしてしまいました。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-19 17:56 | プリスクール

Snack time にプリンを出しました。日本のプリンは、欧米の pudding とは、随分と様相が異なります。日本のプリンを初めて見る外国人の先生方は、みなさん不思議そうに眺められます。

それでも、まあ、日本の pudding ということで、「P」snack としていただきました。

P is for penguin.

月曜日から penguin waddling で遊んでいますが、今日は、足型(foot print)を取ってペンギンに見立て、ワークシートを制作しました。

b0083872_136177.jpg筆で足の裏に絵の具を付けられると、くすぐったいのか、みんなニコニコ顔で体をくねらせていました。私に抱きかかえられてシャワー室まで走るのも楽しかったようです。

子どもたちのかわいい小さな足型が、これまた可愛らしいペンギンに変身しました。保護者さま方、後日子どもたちが持ち帰る日を楽しみに、ぜひご覧になってくださいね。

b0083872_1362112.jpg今日もう一つのお楽しみは、トドラーさんも交えての、P is for painting の課業です。

普段の painting とはちょっと趣を変えて、指を使った finger painting を行いました。pink の pig に、指で pink と purple の polk-a-dots を付けていきます。絵の具のベタベタ感を味わったり、指が汚れるのを気にしたり、トドラーさんにとってもよい経験でした。

b0083872_1364740.jpgピンクと紫のポツポツが付いたブタさんのお顔は、まるで水ぼうそうにかかったみたい。なかなか面白いです。

b0083872_13706.jpg
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-18 16:32 | プリスクール

毎朝、受け入れとトドラーさんの toilet time に合わせて、20分程度のフリープレイタイムがあります。

その日の気分によって、または子どもたちのあいだの流行り廃りによって、おままごとやブロック遊びの日もあれば、絵本の日もあります。

b0083872_1303190.jpg今朝はレゴブロックで遊んでいました。S.S.ちゃんが、左の5本の指にそれぞれブロックを差すと、"Five little monkeys jumping on the bed" と始めました。

すると、N.M.ちゃんが同じようにブロックを指に差して一緒に歌い始めました。"One fell down and bumped his head" と、小指に差していたブロックを下に落としました。"Mama called the doctor and the doctor said," と続きます。"No more monkeys jumping on the bed!" 。

そうです。指に差した5つのブロックは、five little monkeys だったのです。そして二人は、周りのお友だちを巻き込みながら、最後まで歌い切りました。終わりの頃は、大合唱になっていました。

驚いたのは、二人が一言一句間違えずに歌い切ったことです(少しだけ数字を間違えましたが、互いに修正しあっていました)。すっかり覚えてしまっていたのですね。とても感動しました。

教えたわけでもなく、もちろん歌えと言ったわけでもありません。まったく自発的な出来事でした。

b0083872_130831.jpg今日のロンパーさんのワークシートは、P is for pizza です。

どのピッツァも可愛らしくて、しかもとってもおいしそう!大変よくできました。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-17 16:39 | プリスクール

"P" week です。

「P」は、アルファベット26文字の中でも、最も多くのアイデアが湧き出す文字の一つです。今年も迷いに迷ってセレクトしました。今年はちょうどハロウィンの時期に当たっているので、更にアイデアは膨らみます。

P is for popcorn. これは定番です。

ポップコーンといえば、スーパーなどでたくさん売っていますし、最近では、火を使わずに、レンジでチンするだけの手軽なものもあります。あるいは、お祭りなどの出店や遊園地などでも必ず見られますね。

でも、このポップコーンがどんな材料から出来ているのか、知らない子どもがほとんどだと思います。

b0083872_1182197.jpgポップコーンは、爆裂種という特別なとうもろこしから作られます。私たちが普段ゆでていただいているスイートコーンとは全く別な品種のとうもろこしです。

"Snack time ~!!" の掛け声で、意気揚々と "wash hands" し、"make a line" した子どもたち。席に着いて目にしたものは・・・、お皿の上にちょこんとおかれた、たった一本の小さなとうもろこしです。

(あれ? snack time だったんじゃなかったの?)というのがありありと表情に浮かんでいます。

トレイシー先生の指示にしたがって、みんなでとうもろこしの身をほぐしていきました。この作業、意外と熱中してしまうようで、「もう十分よ」と言われてもなかなか手が止まりません。

バターと塩を加えて火にかけると、しばらくして「ポン!ポポン!!」とはじける音が。するとS.S.ちゃんが、"Popcorn in a pan, popcorn in a pan..." と、歌い始めました。どうやら、S.S.ちゃんはおなべの中のものの正体に気が付いたようです。

はじける音が止んで、ふたを開けるとほわ~と湯気の中におなべいっぱいのポップコーンです!"Wow!!" H.K.くん、N.M.ちゃんが歓声をあげました。

b0083872_1185881.jpgおなべに入れたのは、大さじにして2、3杯のとうもろこしです。それがこんなにいっぱいのポップコーンになるんですね!

お味の方は、もちろん yummy!! でした。食後は、みんなのリクエスト通り、Jelly in a Bowl もしっかりうたいました。

P is for potato.

b0083872_1192041.jpgpotato 作りをしました。新聞紙をまるめ、色紙で包みます。"eyes" (ジャガイモの芽)を描き入れれば、hot potato の出来上がりです。そして、The Wiggles の Hot Potato を踊りました。

また、この potato を使って、あつあつの hot potato をまわして遊ぶ、"pass the potato" というアクティビティを楽しみました。

b0083872_0382354.jpg最後は、P is for penguin 。ペンギンになりきって、音楽に合わせて waddling を楽しみました。race 形式で遊ぶと更にエキサイトします。

本当に「P」週は楽しいこといっぱいです。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-16 16:41 | プリスクール
ケリー先生が戻ってらっしゃいました。「O」週です。ハロウィンに向けて、準備スタートです。

Tuesday, 10

O is for omelet.
オムレツにかけたソースはオリジナルです。マッシュルームソースやピーマンソース(?)、おいしいのかな?

Thursday, 12

O is for octopus.
"How many legs does it have?" タコの足は何本?

Friday, 13

♪Five little pumpkins sitting on the gate...
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-13 17:18 | アフターキンダーガーテン

今日は13日の金曜日ですね・・・(関係ないですが)。

昨日のいも煮会の興奮冷めやらずで、朝から落ち着きのない子どもたちです。特に金曜日、ということもあるでしょう(毎週金曜日は、興奮と疲れがピークに達するようです)。

私たちも、きっとそうだろうと予想しておりましたから、課業も考慮し、「O」アクティビティとして obstacle course を室内に作って遊びました。

b0083872_1135284.jpg今日のメイン活動は、自然の家で拾ってきた「秋の落し物」で、nature collage の制作です。新聞紙の上いっぱいに並べられたどんぐりやまつぼっくり、落ち葉や枯れ枝などなど。

好きなものを自分で選んでテーブルへ運び、思い思いに仕上げていました。B.K.くんは、まつぼっくりを全部立てて貼り付けようとします。彼なりのこだわりがあるようです。

b0083872_11485.jpgロンパーさんは、コラージュを仕上げた後、余った時間を利用して、いろいろな動物や遊具を描き入れていました。

できあがった作品は、週末よく乾燥させてから、壁面を飾ってもらおうと思います。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-13 15:05 | プリスクール

やって参りました!今年も素晴らしい天候に恵まれました!!

郡山自然の家にて、第2回目のいも煮会(&プチ運動会)を開催することができました。

ワイズスクール西ノ内校には、残念ながら園庭がありません。室内あそびのスペースには十分事欠かないのですが、季節の自然に触れ、草花や虫と戯れられるような庭が欲しい!!と心から思います。

その他の行事(年中行事や遠足、発表会、保護者参観、懇談会などなど)では、いわゆる一般的な幼稚園さんに負けないよう、ほとんど全てを網羅していると自負しておりますが、運動会と夏祭り(バザー)だけはどうしても規模的に難しいのが現状です。

夏祭りはともかくとしても、運動会はぜひ実施したい、との思いから、昨年度に引き続き、いも煮も兼ねた小さな小さな運動会を開いております。

b0083872_2357534.jpgモーニングルーティーンの後、3曲のお気に入りソングを歌い、Red Team と Blue Team に別れて5種目のアクティビティを行いました。一つ一つの種目に予想以上に時間がかかってしまいましたが、それでも11時には全てを終了し、いも煮が出来上がるまでの間、しばし先生方と秋の自然散策を満喫することができました。

b0083872_2358283.jpg秋晴れの高い空を、dragonfly がたくさん飛び交っています。強くも弱くもない日差しの下で、子どもたちは夢中になって落ち葉やまつぼっくりを拾ったり、カエルやコオロギを追いかけ回したり・・・。

私たちが日々頭をひねって繰り出すどんなおもちゃもアクティビティも、「自然」にはかないません。自然は子どもたちを飽きさせることなく永遠に遊ばせてくれます。

いも煮も最高においしかったです!!作ってくださった先生方に感謝、です。

食事もそこそこに再び遊びはじめる子どもたち。もう少し遊んでいたいな、という気持ちを残しつつグッバイルーティーンです。

b0083872_23584739.jpg最後に、今日一日とてもよく頑張ったみんなには、先生方から「M」週に制作したマカロニとビー玉のメダルがご褒美として渡されました。太陽の下で鮮やかにキラキラと光っていました。

保護者の皆さまも、今日一日大変お疲れ様でございました。ちいさなご兄弟を伴なってのご参加、大変だったことと存じます。おかげ様で、子どもたちのあの表情です。

今月は、さらにハロウィンの行事が月末にやって参ります。何かとご負担をお掛けいたしますが、子どもたちの笑顔のために、楽しみながらご準備いただけますよう、どうぞご協力よろしくお願い申し上げます。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-12 14:33 | プリスクール
b0083872_0183577.jpg"O" snack ということで、orange slices を出してみました。

5月のいちご狩りで判明した、子どもたちのくだもの嫌い。全てのお子さんが、というわけではありませんが、予想以上に多くのお子さんがくだものを苦手としているということが分かりました。

酸っぱい、というのが最大の理由のようです。今日のオレンジも、確かに酸っぱい、です。N.S.ちゃんは、いちご狩りでいちごが食べられなかったお友だちの一人です。今日のオレンジも、やっぱりダメでした。その前には一度なしも出していますが、なしも残念ながら食べられませんでした。それより更に前には、フルーツタルトで、キウイやぶどうなどにもチャレンジしています。

苦手はなかなか克服できませんが、お友だちがおいしくいただいている姿を見るだけでも何らかの効果はあるように思うので、今後ともいろいろなくだものに挑戦していきたいと思っています。昨年度のY.K.ちゃんも、一切のくだものが食べられませんでしたが、今年度、年中さんになり、少しずついろいろなくだものが食べられるようになっていると、お母さまからご報告いただいております。成長とともに変化もあるということですね。

b0083872_0191043.jpgダンボールをボードブックサイズにカットしただけのおもちゃで、Open Shut Them を歌ってあそびました。子どもたちは、パタンパタンと開けたり閉めたりするだけなのに、とっても楽しそう。



b0083872_0193460.jpg一人ずつ前に出て、リーダーになって open shut them します。ほかのお友だちは、リーダーに従って、同じように open shut them していきます。




b0083872_0194873.jpg後半は、まず、明日のいも煮会で行うアクティビティの練習を行いました。先週から少しずつ練習していますが、トドラーさんにはちょっと難しいものもあります。明日はお母さま方も一緒ですから、無理のない程度に交ざっていただいて、体を動かしていただければと思います。

そして最後に、O is for oatmeal で、oatmeal cookie を作りました。タネは私があらかじめ準備しておきました。子どもたちには、タネをちぎって丸めて、クッキングシートの上に並べてもらいました。

これから家へ持ち帰って、焼いて参ります。明日のアクティビティで使います。お楽しみに!

午後からあやしい雲行きです。夕方雨がパラついたので、急いでYahoo!天気予報を開きました。・・・よかった、明日は晴れそうです。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-11 18:48 | プリスクール

Origami-----October 10, 2006


今週は "O" week です。三連休のため、平日が4日しかないのに加えて、12日木曜日は「いも煮会」のため、正味3日の「O」週です。

アルファベットワークシートは、O is for Omelette 。

b0083872_0103337.jpg紙のお皿の上に紙で作ったおいしそうな Omelette 。その上に、赤のマーカーでケチャップをかけます。N.M.ちゃんは、オムレツが見えなくなるくらい大量のケチャップをかけています。まるで本物のようで、思わずお腹がぐ~、の私です。


後半の課業は、O is for origami です。外国人の先生方にはちょっと難しいアクティビティでした。

b0083872_0124345.jpgちょうどハロウィンの月でもありますから、みんなで「カボチャ」を折りました。オレンジ色の折り紙を選ぶ子、緑色がいいという子、様々です。"triangle"、"square"。既習の言葉を使って説明していきます。それほど簡単ではないのですが、みんな真剣にお話を聞いて、見様見真似で折っていました。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-10 15:07 | プリスクール

今週、ケリー先生は都合によりお休みをいただいております。代わってフローレンス先生が担当されました。

Monday, 02

今日のクッキングは、フルーツヨーグルト。ヨーグルトを豪快に入れてかき混ぜます。たくさん作るからおいしいんだよね。

Wednesday, 04

今日のクッキングは、フレンチトースト。(何だかおやつばかりですね・・・。)これは、かなり yummy! でした。

Thursday, 05

N is for noodle.
マカロニ(noodle)を染色し、糸に通してネックレスに。みんなすごい集中力でした。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-06 19:09 | アフターキンダーガーテン

昨日でAちゃんは4才になりました。昨年の10月5日、鳴神校でお祝いした3才のお誕生日がついこのあいだのことのように思い出されます。

b0083872_17331629.jpg今日のお誕生会のケーキは、walnuts(クルミ)の入ったブラウニーです。N is for nut ですが、幼い子どもたちにあまり消化のよくないナッツは食べてほしくありません。クルミは、ほかのアーモンドやピーナッツに比べれば柔らかいので、細かく刻んでブラウニーに入れました。

ハートのクラウンは、最早お誕生会の恒例になっています。ロンパーさんのハサミ使いもかなり堂に入ってきました。きょうは、トドラーのK.N.ちゃんも手伝ってくれました。K.N.ちゃんは、実は昨年度のプレプリクラスでいらっしゃっていた時から、ハサミを上手に使えていました。今日はとっても嬉しそうにお仕事してくれました。

バースデーカード・ヘルパーはK.M.ちゃん。"Happy Birthday!" と言って手渡すことができました。

今週シリーズの「N」クラフト、第3弾にして最終回の今日は、N is for nest で、Bird Nest を作りました。

b0083872_17333861.jpgこの bird nest は昨年度のものとはちょっと違います。スコット先生オリジナルのバードネストです。銀色の卵は、bird というよりは dinosaur という感じです。そこで、「N」アクティビティとしても遊んできた Dinosaur Egg Hunting のタマゴみたいに dots で模様を付けてしまいました。

b0083872_17344085.jpgお楽しみは・・・といいますと、タマゴの中にキャンディが入っていることです!!

お家に帰ったら、タマゴを割って召し上がってくださいね!
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-06 17:17 | プリスクール

b0083872_17295672.jpgシリーズ第2弾は、N is for necklace 。ビニールテープで作った needle に、noodle(マカロニなど)を通して、 necklace を作る、という課業です。

鮮やかに色付けされたいろいろな形のパスタに、子どもたちも先生方も "Wow ~" と歓声が上がります。

実は、今回の課業には、ある実験的な狙いも込められていました。

プリスクールは、3・4才児のロンパークラスと2才児のトドラークラスに分かれており、朝と帰りのルーティーンをはさんで、毎日だいたい30~40分の separate time があります。各クラスに分かれて、その年令に応じたあそびを楽しむためです。ロンパークラスは、いつもこの時間にアルファベットの学習を取り入れています。

ところが今年度も半年を経過する中で、何名かのトドラーさんは、すでに3才のお誕生日を迎えました。また、途中入園の小さいトドラーさん(2才前半)と比較しても、次第に興味を惹く遊びの内容に変化が生じてきました。

もう一点は、各クラスに担当の先生が付くという、このいわゆる「担任制」について再検討の必要を感じている、ということです。ロンパーさんたちが、自分たちの「先生」はロンパークラス担任だけだと思っているようで、トドラークラスの先生が注意する言葉にいっさい耳を貸さない、という姿が時々見受けられるのです。

そこで、クラス担任制に替わる、改善の方法を探りつつ、今日のこのネックレスの制作に、トドラーのK.N.ちゃん、K.M.ちゃん。B.J.くん、K.W.くんを混ぜてみました。彼らがロンパーの丸テーブルに座り、スコット先生の指導の下、課業に参加するのは初めてのことです。

先生のジョークにニヤッとするK.M.ちゃんが、ちょっぴり大人に見えました。

b0083872_17291228.jpgNoodle に通すひもはタコ糸の細さです。トドラー4名も、小さい指にマカロニと糸を持ち、表情は真剣そのものです。K.W.くんは、先生から、糸を上から垂らすようにすると、マカロニのような長い noodle でも糸に通しやすいよ、と指導を受けると、すぐにその意味を理解し、言われたとおりに通し始めました。1、2分の格闘の末、見事に長いマカロニに糸を通しました。「できた、できた!(これは夢中で日本語でつぶやくように言っていました)」と誇らしげに先生に見せていました。

人が何かを学ぶ上で大切なのは、「素直」であることだと思います。我流、自己流、もちろんこだわるのはとても大切なことです。でも、始まりは、やはり「習う」ことです。「習う」とは「倣う」ことでもあると思います。はじめにこの素直さがないと、その後の子どもの学力は伸びないのだろう、と思います。

幼児期、子どもはみな素直です。いつからか、そうではなくなります。小学生後半で子どもの学力を伸ばしていくには、この幼児期の素直な学びへの姿勢を如何に保持させるかなのかな、などどK.W.くんを見ながら考えてしまいました。

話が脱線してしまいました・・・。

さてさて、子どもたちは、ひとしきり集中して糸通しすることができました。赤や緑の鮮やかなネックレス。お母さま方へのプレゼントです。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-05 16:54 | プリスクール

秋の避難訓練は、地震を想定しての訓練を実施いたしました。

当スクール初めての避難訓練となりました。もちろん子どもたちにとっても、そして外国人の先生方にとっても初めて体験です。

今朝は、先生方も心なしか緊張している様子で、なんとなく落ち着かない雰囲気の中でスタートしました。

モーニングルーティーン時に、子どもたちに "earthquake (地震)" についてお話をしました。地震の後、建物が倒壊するおそれがあることを話していると、K.W.くんはとっても不安そうな表情で私をじっと見つめていました。

アルファベットの課業中、突然「地震」がやってきました。私は必死で真剣な表情を作りながら、みんなに地震を知らせに行きました。

ロンパーさんは勿論のこと、トドラーさんも、とっても上手にすっとテーブルの下に入り込み、まあるく小さくなって「地震」が静まるのを待っています。その後屋外へ。"Make a line" もとっても速やか!毎日 snack time 前に練習を積んでいるからでしょう。なんと32秒という驚異的スピードで屋外への非難を完了することができました。

大人たちにとっては、予想をはるかに超えるあっけなさでした。

一方、子どもたちの様子はといいますと、特にK.W.くんが不安がり、「(建物が壊れてくることが)なかったね・・・。」と、とても心配そうなお顔で何度も話しかけてきました。そして、ふと姿が見えないな~と思い教室を見まわしますと、K.W.くんが一人でテーブルの下に入り込んでいます。よほど怖かったようです。

ほかのお子さん方も、やはりちょっと浮き足立ってしまった様子で、その後の課業にもなかなか集中することができませんでした。まあ、これは致し方ないことです・・・。

私が小学生の時のことですが、避難訓練を終え、ちょうど教室に入るところで、裏手にある中学校で本当に火事が起こり、また非難したという記憶があります。

火事や地震は、いつ何時訪れるやも知れません。常に怠りなく訓練し、いざという時には速やかに行動が取れるよう、スタッフ一同、意識を挙げて参りたいと思います。

N is for notebook.

さすがのロンパーさんも、ちょっぴり落ち着きを失なっている子や、呆然としている子のいる中、訓練の前に行っていたワークシートの作業に戻りました。ノートブックを自分たちで作り、1ページ目から先生の指示に従って絵や数字を描いていきます。

残念ながら完成させることができませんでしたので、今月の review week を利用して続きを頑張って参りたいと思います。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-04 15:43 | プリスクール

今週のクラフトはシリーズものです。火曜日の今日は、第1弾、N is for necktie です。

b0083872_128933.jpgネクタイの形のカードボードに、マーカーと端切れ布を使ってデコレーションしました。ゴムをつけて、本当に首から下げられるようにしました。子どもたちの制作したこの素敵なネクタイを、お家庭でお父さま方がお顔をほころばせながら着けてくださるのを思い描きながら・・・。

ロンパークラスのアルファベットワークシートは、N is for nose でした。

b0083872_1283265.jpgワークシートにはすでに輪郭が準備されており、子どもたちは先生の指示に従って、eyes、mouth、ears・・・と描いていきます。スコット先生に "No, nose!!" と言われ、子どもたちは真剣な表情で "No...nose..." と繰り返しながら、ちゃんと指示通りに「鼻」だけを残してお顔を描きました。

すご~い、ちゃーんと分かっているんですね。

そして先生が取り出したのは、肌色のおりがみ。何をするのかと目を見張る子どもたち。

先生がやって見せたように、おりがみを自由に丸めて自分なりの「鼻(nose)」を作るまで、少し時間がかかりました。「どんな風にしようかな」と、真剣に悩んでいるようです。紙を回してみたり、折ってみたり、ひっくり返したり。

b0083872_129585.jpgしばらくして、S.K.くんがグシャグシャッと紙を丸めて、とってもかわいらしい「だんごっぱな」を作りました。それを見て、他のお友だちも徐々に自分なりの nose をかたち作っていきました。

どのお顔も本当にとても可愛らしいものばかりです。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-03 16:46 | プリスクール

早いもので、今日から10月です。2006年も折り返し地点です。

久々の Nature Walk(お散歩)へ出掛けようと思ったら、雨。今週は雨続きになりそうな感じです。来週のいも煮のと

きに晴れえもらえるなら、今週は雨でも我慢しよう・・・。

10月からの新しいお友だち。T.S.くんです。Aちゃんのちいさい弟です。

はやく入園したくて、2才のお誕生日から、何回か練習を積んできました。今月からようやく週2日だけ参加します。

まだまだお母さまが恋しいです。去年、Aちゃんが2才7ヶ月でスクールへやって来て、毎日のように泣いていた頃を思い出しました。一日でも早く慣れて、毎日来られるようになるといいですね。

"N" week です。

N is for nuts.

b0083872_1204019.jpg♪ I'm a little acorn nut... の曲に合わせて、anorn nut になりきって「踏まれて」みました。S.S.ちゃんの記憶力には本当に目を見張ります。今日初めて歌った新曲でしたが、一気に覚えてしまいました。"I'm a nut, I'm a nut, I'm a little nut♪" とご機嫌で歌っています。

b0083872_1205973.jpgロンパーさんのアクティビティは、"Nuts Counting"。Acorn nuts を使って、数を数える練習をしました。英語で1から10までの数字を言うことができても、突然「6」という数字を見せられ、それを "six" と答えられるようになるまでには、もう少しトレーニングが必要なようです。(もちろんすっかり大丈夫なお子さんもいらっしゃいました)

N is for number.

数字の認識について、更に別のアクティビティも行いました。こちらはトドラーさん、ロンパーさん合同で。トドラーさんも、トレイシー先生に導かれて聞こえてきた数字のところへ Hop ! 。お友だちみんなから拍手をもらって、とても嬉しそうな表情です。

最後にハロウィーンクラフトをひとつ。今週末にパンプキンを受け取りに行く予定です。大きなカボチャを目にする子どもたちの驚きの表情が今から楽しみです。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-02 16:23 | プリスクール
Review week です。
ケリー先生とのクラスも3週目を迎え、子どもたちも先生にずいぶんと慣れてきました。季節がら、体調を崩すお子さんも見られるようになってきました。着脱のしやすい服装で、気をつけていきたいです。


Monday, 25

b0083872_825130.jpgPeanut butter and Jelly のストーリーを読み、Peanut butter and Jelly の歌をうたい、そしてスナックタイムには peanut butter and Jelly を食べました。
その後、お帰りの時まで♪peanu~t ・・・ ♪と歌っている子もおりました。


b0083872_831268.jpgTuesday, 26

Hop like a Kangaroo! Hop! Hop! Hop!



b0083872_832555.jpgWednesday, 27

ワークシートも頑張っています。
"Color all circles green"
いくつの circles が見つかったかな?


b0083872_834257.jpgThursday, 28

Peanut butter and Jelly Song



Friday, 29

Y.I.ちゃんの Birthday!
Y.I.ちゃんはお母さまのお迎えまで、みんなが作ってくれたかんむりをはなさずかぶっていました。(写真がなくてごめんなさい)


次週、ケリー先生はご都合で一週間のお休みをいただきます。代わりに、フローレンス先生が担当いたします。どうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-09-29 21:36 | アフターキンダーガーテン

これまでは、リネット先生がお誕生会のたびに、お手製のケーキを焼いてきてくださいましたが、産休に入られてしまいましたので、今日は私がバトンタッチして、焼いて参りました。

M is for muffin.

初めて焼いたにしてはそこそこの出来で(見た目が)、ほっとしてスクールへ持参しました。さてお味のほどは・・・と思い、"Is it yummy?" と尋ねても、黙々と食べながら見つめるだけで無言・・・の子どもたち。「おいしいっていう証拠ですよ」とともこ先生にフォローされ・・・。

これからはいろいろチャレンジして腕を磨こうと思います。

b0083872_22223513.jpg今回もお誕生児さんのかんむりは、ロンパーのお姉さん方にお手伝いしてもらいました。S.S.ちゃん、A.Sh.ちゃん、ハサミ使いも更に上達し、安心して見ていられます。K.N.ちゃんは、その様子をお隣で見ていて、「わたしも~」とハサミを使いたい様子でした。

K.N.ちゃん、3才になりました。もうすっかりお姉さんですね。これからも、どんどんいろいろなことを学んで、大きくなっていってください。

b0083872_22225641.jpgカードのプレゼントはAちゃんから手渡されました。 "Happy Birthday, K.N." と掛けられた声に、"Thank you!" と元気に答えてくれました。

Snack time の後は、ロンパー・トドラーに分かれての活動となりました。

b0083872_22232339.jpgトドラーさんは Food Play 。久しぶりに遊びました。テーブルに自分でクロスをかける仕草もかわいらしいです。次々においしそうなお料理が運ばれてきて、仲良く座ってお食事タイムです。

一方のロンパーさんは、曜日の学習をしつつ "The Very Hungry Caterpillar" を読んだ後、ねんどあそびをしました。こちらも久しぶりの play dough でした。先程読んだお話の中の "sausage" や "salami"、"cherry pie" など、黙々と作る姿が見られました。

Review week も今日でおしまいです。来週からは、ふたたび「N」週からアルファベット学習を進めて参ります。

みなさま、良い週末を。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-09-29 16:58 | プリスクール

天気予報、ズバリ!当たりました!!

朝から良いお天気です。台風一過のさわやかな朝です。・・・ところが、なだらかな母成高原の中腹にあるこの牧場は違いました。

ものすごい風です!!

山から吹き降ろす風のすごいこと。いったんびゅうっと風が吹くと、体ごと持っていかれそうなほどの強風です。

台風の後なので、上空では一気に大気が流れているのでしょう。晴れてよろこんでやって来ましたが、この風はまったく予想外でした。でも、幸い気温がそれほど低くはありませんでしたので、寒いということはなく、風さえ吹かなければ暑いくらいの天候でした。

とにかく強風を避け、屋根のある「避難所」でモーニングルーティーン。The Weather Song Helper は、N.M.ちゃんです。みんなの前で、上手に歌ってくれました。

さて、いよいよ動物たちとの時間です。今月、子どもたちは "farm animals" をテーマに、いろいろな遊びや歌に挑戦してきました。さてさて、その成果や如何に?

ふだんはない子牛の柵があり、生まれたばかりのかわいい子牛を間近に見ることができました。やっぱり一番人気はウサギです。ウサギの小屋(?ウサギのスペース)の中に入って、ニンジンを食べさせようと逃げるウサギを懸命に追いかけています。

b0083872_19584621.jpgヤギの前では、ニンジンを持っているN.M.ちゃんにみるみるたくさんのヤギたちが群がってきて、争ってニンジンを欲しがります。N.M.ちゃんは、その様子に怖くなってしまい、今にも泣きそうです。A.Su.ちゃんは、持っているニンジンを放さず、ヤギと綱引きを楽しんでいました。S.S.ちゃんは、何とかヤギに触ってやろうと手を差し出しますが、ヤギはえさをもらえると思って口を近づけてきます。それでもこわごわ何度も手を差し出していました。

H.U.くんとK.M.ちゃんと、小屋をぐるりと廻り、裏手にあるクジャクのところへ。さすがに "peacock" はスクールでは導入しておりませんでした。しかも、あの見事な羽はすべて抜けていて、ちょっと見た感じメスかと思ったくらいです。夏に来た時は、あんなにすばらしい羽を誇らしげに広げていたのに・・・。どうしてなんでしょう。季節によって生えかわったりするのでしょうか?

残念・・・と思いつつ歩いていると、たくさんのスズメが。一緒に歩いていたK.M.ちゃんがそれらを見上げて、"Sparrow!" と教えてくれました。

b0083872_1959136.jpgランチの前に singing time です。最近のお気に入りソングを保護者さま方と一緒に歌い、踊りました。Singing time の後、少し kite で遊ぼうと、先日 K is for kite で制作したビニール袋の凧を取り出しました。すると、そのとたんに風が急に弱まってしまうのですから、皮肉なものです。そしてお昼を広げ始めたら、また風・・・。どうもタイミングが合いません。

昼食後も遊具で元気に遊び、楽しい時間を過ごすことができました。

保護者の皆さま、ご参加くださり本当にありがとうございました。おかげ様で、ケガや事故もなく、無事にフィールド・トリップを楽しむことができました。次回は、「いも煮会」がまもなくやってまいります。9月から10月は行事が続きますが、なにとぞご協力よろしくお願い申し上げます。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-09-28 16:16 | プリスクール

今日はK.N.ちゃんのお誕生日です。でも、K.N.ちゃんはご都合でお休みのため、今日は、K.N.ちゃんへのバースデーカードをみんなで描いて、金曜日のお誕生会の準備をしました。

子どもの成長というのは、まるでバネが弾けたみたいに、突如として飛躍的に起こることがあると思います。

お誕生会があるたびに、いつも描いているバースデーカードですが、今日は、みんなのお絵描きの素晴らしさに成長を感じました。こうやって毎日一緒にいても感じられる子どもの成長。いったいどんなスピードで大人になっているのでしょう?

b0083872_1945059.jpgまずは、トドラーさん。お話をしながら集中して描画に取り組めるようになりました。いろいろな色をたくさん使って、縦横にクレヨンを走らせています。B.J.くんは夢中になって車の絵を描いていました。K.M.ちゃんも、トレイシー先生と額を付き合わせてながらのお絵描きです。

b0083872_1945163.jpgそして、ロンパーさん。「K.N.ちゃんのために描く」という意味が分かって、K.N.ちゃん本人を描く子、バーズデーケーキとたくさんのキャンドルを描く子もいます。おおきなにこやかなお顔。楽しく遊んでいる姿もあります。中には名前や文字が見られるものもあります。

トドラーさんもロンパーさんも、それぞれにとてもお絵描きが上手になってきているので、驚きとともに嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

明日は、いよいよフィールド・トリップです。今日は朝から台風のため、冷たい雨が降ったり止んだりしています。

天気予報では、明日は朝から夕方まで「晴れ」のマークがついているのですが、本当に晴れてくれるでしょうか・・・。お天気であること、願っています。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-09-27 17:17 | プリスクール

先週から登場の新作大道具は、The Grandfather's Clock です。

b0083872_10484410.jpg自分たちの身長ほどもある「大きな」時計です。大きな文字盤と金色の振り子が特徴です。

先生が、時計を使って数字の確認をします。時計の針を動かしながら、"The clock strike three ..." と歌うと、みんなで一斉に "Boom! Boom! Boom!" と音真似をします。

Helper になった子どもは、手に "mouse" を持ち、"Hickly, Dickly, Dock" を歌いながら mouse を動かします。今日は、たまたま見学でいらっしゃったお友だちに、helper 役を買って出ていただきました。

スナックは、M is for mandarin orange で、みかん。(あ、M is for mikan でも悪くなかったですね。)

b0083872_1050357.jpgさて、今日のメイン・イベントは、「L」の制作活動で、L is for lantern のランタン(手提げランプ)です。少し早目ですが、ハロウィーンの時のクラスの装飾も見越しての制作となりました。

トレース紙に、moon や star の形を貼っていきます。これをくるりと筒状にしてキャンドルの入ったびんにかぶせると、簡単ですてきな lantern の出来上がりです。

今週は、もう一つ、別なバージョンの lantern 作りも計画しています。

明後日は、いよいよ石筵ふれあい牧場へのフィールド・トリップです。でも、ニュースでは台風がやってくるとのこと・・・。明日は、確実に雨のようですし・・・お天気が心配されます。


★英語イマージョンの "ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテン"
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-09-26 17:29 | プリスクール

8月最終週から、「J」、「K」、「L」、「M」と学習して参りました。

今週は久々の review week です。

普段の review week より1文字多いので、singing time も、いつもより時間をかけて過ごしています。子どもたちはそれぞれのアルファベット週にどんな歌を歌ったのかをよく覚えています。

トレイシー先生が「L」の文字を見せて尋ねます。"Do you know any "L" song? l, l, l..."

すると誰からともなく、"Rore! Lion!!" とリクエストする子どもたち。

「??? "Lion" の歌なんて歌ったかしら?」と、先生も首を傾げます。でもすぐにトレイシー先生は気が付いて、手をポンッと打つと、"Looby Loo" をかけ始めました。・・・確かに。歌の途中にライオンになって "Rore!!" と吼える動作が入っていました。

よく覚えている子どもたちもすごいな、と思いつつ、気付いてくれたトレイシー先生もさすがだな、と感心しきりです。

"J" song でも、"Jelly in the bowl" の歌詞をちょっぴり換えて、"○○ in the bawl" と自分の名前を入れたり、chair や book など、教室の中で目に付いたものを入れたりして遊びつつ、次の曲を待つ姿が見られました。

"K" song は、"Koala Bear"。 "Teddy Bear" の替え歌で遊びます。もともとは、touch the ground や turn around などの動作をしながら歌い、踊っていました。今日は、子どもたちに「リーダー」になってもらって好きな動作をしてもらいました。

b0083872_23302980.jpgとても上手に歌いながら・・・

Touch your feet.
Touch your cheek.
Touch your eyes.
Touch your hair. ・・・続く、続く。
Touch your back. ・・・"back" なんて、よく知っていました!

更に続々出てきました。そして最後は、"Touch good-bye" (本当は "Say good-bye" と言いたかったようですが)でしっかり締めていました。

トドラーさんも、ロンパーさんも、みんなとてもかわいらしかったです。

★英語イマージョンの "ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテン"
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-09-25 15:29 | プリスクール

b0083872_19322625.jpgTuesday, 19

♪Row, row, row your boat... ケリー先生の singing time はとっても楽しいです。

M is for money. ワークシートも頑張っています。b0083872_19324878.jpg








b0083872_1933649.jpgWednesday, 20

M is for marshmallow. クッキングは Marshmallow Mousse です。

M is for medal.
Macaroni と marble でデコレーション。b0083872_1939266.jpg





Thursday, 21

Farm animals の復習。M is for matching.
Matching game (日本でいう神経衰弱)で遊びました。
(お写真ないです!すみません!!)


b0083872_1934835.jpgFriday, 22

M is for mask.

Monster Mask の制作活動。ステキな Blue Monster でしょ?



★英語イマージョンの "ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテン"
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-09-22 20:20 | アフターキンダーガーテン

今週読んでいるストーリーに、Where The Wild Things Are や Go Away, Big Green Monster などがあります。そこで、今週二つ目の「M」クラフトは、"Monster Mask" です。

クレヨンと絵の具で描きました。

モンスターは、あらかじめ3種類用意しておきました。選ぶときもめるかな~と思いきや、円満解決で、みんなが自分の気に入ったモンスターを手にすることができたようです。

目と鼻は切り抜きましたが、口(mouth)は子どもたちに仕上げてもらうことにしました。クレヨンを使って、大きな口を描く子もいれば、「くちなし」(これはこれで、ある意味怖いですね!)の怪獣を描く子もおりました。

b0083872_10334869.jpgそして、最後は絵の具で色を入れていきます。ご覧になっていただくと分かりますが、やさしい色使いで、すっかりおとぎ話のようなモンスターたちの出来上がりです。



b0083872_103425.jpgある心理学者のお話を、何かの本で読んだ記憶があります。いろいろな色をたくさん使って、鮮やかに絵を描ける子どもは、心が安定して、すこやかに成長している証であると。

こわおもての怪獣さんたちも、この子どもたちにかかったら、なんてやさしい生き物になってしまうのでしょうね。

★英語イマージョンの "ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテン"
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-09-22 16:35 | プリスクール

私がカナダに留学中、クリスマスに出されたデザートの一つです。マシュマロとフルーツカクテルをホイップクリームで和えただけの、とってもシンプルなスウィーツです。

何という名前のスナックか分からないので、とりあえず、トレイシー先生に "Marshmallow Mousse" と命名していただきました。(ご存知の方いらっしゃったら、ぜひ教えてください。)

ちなみに、トレイシー先生は、このような食べ物をご存知ではありませんでした。でも、カナダでは、これが好きだ、というカナダ人のクラスメイトもいましたから、きっと一般的に食べられているものなのだと思いますが・・・。アメリカ人のケリー先生は、ホイップクリームではなく、Jello で和えるとおいしい、とおっしゃっていました。・・・面白いです。

b0083872_9121670.jpg今日のクッキングは、このあまりにも簡単な(クッキングと呼べない?)Marshmallow Mousse 作りをしました。子どもたちは、大きなホイップクリームをニョキニョキっと絞る作業が楽しいらしく、順番が回ってくると、どの子の例外なくケラケラ笑うか、ニヤニヤ~と笑うか。喜んでやっていました。

お味もそこそこに Yummy です。子ども受けする味です。本当はマシュマロがとけるまで半日ほど冷蔵庫で寝かすと更にムース感がでて、おいしいと思います。

N.M.ちゃんは、乳製品が苦手で食べられず。残念でした。あとは、果物だけきれいに退いて食べているお子さんもおりました。アレルギーがあるなら仕方ありませんが、食べず嫌いの好き嫌いなら、ぜひこのようなお友だちと一緒に食べる機会を通して、苦手を克服してほしいと思っております。

b0083872_915890.jpg今日のロンパーさんは、"Mail Box" というアクティビティに挑戦しました。お手紙を「描いて」、それを封筒に入れて mail box (ポスト)へ投函します。Mail man がやってきて、それぞれの mailbox (郵便受け)へ配達するあそびです。

子どもたちは、お友だちからのお手紙を受け取るのですが、ここで、お友だちからのお手紙に「喜ぶ」というよりは、むしろ開いた手紙が自分のものでないと分かると、すぐにお友だちと交換し合って、自分の作品を手元に戻してしまいます。

それもまたかわいらしいことですが、来週も繰り返し遊んで(来週は review week です)、お友だちからお手紙をもらう嬉しさ(ドキドキする気持ち)を味わってもらえればいいな、と考えております。

★英語イマージョンの "ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテン"
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-09-21 16:18 | プリスクール

「M」のクラフトは、Macaroni Medal です。紙粘土でつくった円いメダルに、マカロニやビー玉(marble)で飾り付けをします。

b0083872_144774.jpgまずは紙粘土の色選びからです。あか、みどり、あお、きいろ、むらさきの5色から選びます。選択肢がたくさんあるということは、何気ないことですが、実はとても重要なことです。選択肢がなければ、言葉は生まれてこないからです。「選ぶ」という思考は、子どもたちにとって、最も初歩的なイマージョンプログラムの一つなのです。

さて、好きな色を選んだら、まあ~るく形を整えてきます。このあたりはちょっとだけ先生方のヘルプが入ります。

"Macaroni, please!"

ここでも、マカロニのほか数種類のパスタが準備されています(子どもたちには全て「マカロニ」なのですが)。そして、ゆうこ先生が持っているのは marble です。危なくないように持ち歩いています。一人ひとりに一つずつ、手渡しです。

b0083872_15581.jpg子どものつくるものって、どうしてこんなに素敵なんでしょうね。大人が真似をしようと思っても、決して意図してはできない、そんな微妙な色やかたち。

どの子の作品も、本当におしゃれで、かわいらしい。ブローチにしたら、きっと素敵じゃないかしら、と思うほどです。

後半、余った時間で、"Five Little Monkeys" のストーリーから、実際に自分たちが Monkeys になって「ベッド」でジャンプして遊びました。S.S.ちゃんは、持ち前の記憶力で、お医者さんのセリフを丸暗記しています。"No more monkeys jumping on the bed" と言いながら、人差し指を立てて左右にふる姿がとってもかわいらしいです。

この絵本では、最後にお母さんが一人でベッドでジャンプします。そのページまでやってくると、決まって子どもたちはニヤ~ッとした表情を浮かべて喜びます。さっきまでおこって注意していたお母さんが、子どもたちの寝静まったあとに自分でジャンプしてしまうところが、子どもたちにとっても何とも言えず楽しいみたいです。

トドラーさんは、手あそび歌で "Three Little Monkeys" も歌っています。

★英語イマージョンの "ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテン"
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-09-20 15:07 | プリスクール

"M" week です。

2学期が始まってからしばらく、外国人教師の入れ替わりが頻繁だったため、落ち着きを失いつつあったロンパークラスでしたが、ここにきて、ようやく秩序を取り戻すことができ、本当に嬉しく思っています。

トドラーさんも同様ですが、4月から半年を経過し、子どもたち全体が心も体も大きく成長を遂げていて、大人の方が遅れ馳せながら気付かせられることばかりです。

子どもたちからポンポン飛び出す英語が、いつの間にか単語からセンテンスになり始めています。

子どもたちは、自分の知っている言葉を上手に組み合わせて伝えたいことを表現するのですが、毎日彼らの言葉を聞きながら生活していると、実はかなりすごいことなのに、さらっと聞き流してしまっている自分に気付いて、後から「えっ!?」と思ったり、「しまった!」と思ったりすることしきりです。

もっともっと心も耳も傾けて、子どもの成長を見守らなくては・・・と反省しています。

M is for money.

b0083872_2314354.jpg先週の ladybug counting (L is for ladybug) に引き続き、数字の学習を進めています。Money はアメリカのお札のおもちゃを利用し、1 dollar / 5 dollars / 10 dollars / 20 dollars で数字のお勉強です。

折り紙の「おさいふ」は、昨年度より簡単なものを選び、子どもたちに折ってもらいました。子どもたちは、"This? This?" (おそらく "Like this?" と言いたいのだろうと思います。"From Head To Toes" で良く使いますから。)と、いちいち確かめながら、とても上手に折っていました。

"M" song は、"Mulberry Bush" です。先週の "Looby Loo" に引き続き、輪になって歌います。子どもは輪になって歌うのが大好きです。輪になって回るだけ。でも、それがものすごく楽しいんですよね。その表情を見ているこちらも楽しくなります。

これらの歌は、ぜひ今度のフィールドトリップのときも、保護者さま方と一緒に歌って楽しみたいな、と思っています。

★英語イマージョンの "ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテン"
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-09-19 16:03 | プリスクール

今週から、アフターキンダーガーテンクラス(AKクラス)の様子を、写真を中心に、週間ダイジェスト版でご報告していきたいと思います。

Monday, 11

新しい先生をお迎えしました。アメリカがご出身のケリー先生です。とってもフレッシュで元気いっぱいのやさしい先生です。

今日は初日ということで、リネット先生のクラスを見学。子どもたちは、久々のリネット先生に少し緊張気味です。L is for lemmon で、AKクラスもマジックペインティングを楽しみました。

明日からはいよいよケリー先生の授業。とっても楽しみです。


Tuesday, 12

b0083872_19193828.jpg風邪でお休みするお子さんが多いです。季節の変わり目、体調の管理に十分気をつけましょう。

L is for ladybug

Counting と Alphabet puzzles 、競争です。どっちがはやく終わるかな?


Wednesday, 13

b0083872_19202217.jpg2学期から、AKクラスのクッキングは、月・水・金の3日になりました。ちなみにワークシートは、火・木の4時からになっています。



b0083872_19205959.jpg今日のおやつは、Banana Pan Cake でした。バナナを潰すところが少し大変だったかな?甘さ控えめの健康的なおやつです。




Thursday, 14

b0083872_19225322.jpgL is for leap frog.

カエルの movement です。なりきって、croak! croak!



Friday, 15

b0083872_19222349.jpgOtsukimi: Moon festival





★英語イマージョンの "ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテン"
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-09-15 19:07 | アフターキンダーガーテン

今年の中秋の名月は10月6日とずいぶん遅いので、待ちきれず、今日行うことにしました。

b0083872_021149.jpg月見といえば「だんご」です。モーニングルーティーンの後は、早速お団子を丸める作業に取り掛かりました。夏にも D is for dango のクッキングで、だんごは丸めた経験のあるみんなです。


b0083872_0221086.jpgだんごの dough は、一見紙粘土のようですから、子どもたちの中には最後まで粘土だと思っている子がいたかも知れません。Play dough は、みんなの大好きな課業です。真剣な表情で丸めていました。

先生方と楽しく歌を歌っている間に、だんごは茹で上がり、教室中においしそうな匂いが広がります。

b0083872_0222929.jpg前回がみたらしだんごでしたので、今回はお月見らしく、きなこと黒蜜でいただきました。だんごはたいていのお子さんが好きなおやつで、おかわりを欲しがる子もいるくらいです。あっという間にペロリ!でした。

食後は、ロンパーとトドラーにそれぞれ分かれてクラフトの課業を行いました。b0083872_0241665.jpgスコット先生は、ロンパーさんたちに「日本では、お月様にはウサギがいてお餅をついていると言われているけど、先生のお国では、お月様には人の顔が描かれます。今日はお月様に顔を描いてみましょう。」と言って、銀紙の貼られたお月様を渡しました。

b0083872_025346.jpgEyes, nose, mouth...と face parts を確認しながら、子どもたちはとても丁寧にお顔を描いていました。しかもとてもカラフル。トドラーさんの中にも、上手にお顔を描けたお子さんもおりました。あまりに素敵にできたので、しばらく教室の壁を飾ってもらおうと思います。


★英語イマージョンの "ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテン"
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-09-15 15:11 | プリスクール

今日、トレイシー先生が、新しい "L" song を歌ってくれました。

新年度早々人気を博した "The Wheels On A Bus" の替え歌で、夏から秋、秋から冬への季節の移り変わりを歌いました。

フェルトボードに大きな木と葉っぱを準備して、トレイシー先生は、1番から3番までの歌詞をお話のようにして導入します。スコット先生も、適宜質問形式で語りかけ、語彙の定着を図ります。

1番で、葉っぱは緑から黄色と茶色へ変わります(yellow and brown)。2番では、風が吹いてきて葉っぱが揺れます(swish, swish, swish)。そして、3番でついに葉っぱは枯れて地面に落ちていきます(tumbling down)。

すごいのは子どもたちの記憶力です。最後のスコット先生からの確認の質問に、ちゃーんと "swish" や "tumbling down" などという初めての言葉もすっかり覚えていて答えられるのですから、驚きです。

b0083872_014358.jpgトレイシー先生の "Who wants to be a 'leaves' helper?" の声にぴゅっと手が上がったのは、AちゃんとS.S.ちゃんです。"Swish, swish, swish" のところでは、トレイシー先生の動作をそっくり真似て葉っぱを揺り動かす様などは、とても可愛らしかったです。

"One more time!" と声がかかりましたが、結局時間が足りず、一度しか歌えませんでした。季節柄もちょうどよく、とても楽しい歌でしたので、また明日も遊びたいと思います。

b0083872_0171574.jpg最後は、グッバイの前に、昨日のTシャツをひもに「干し」ました。ロンパーさんたちはさすが、洗濯ばさみを上手に使うことができました。トドラーさんたちも先生方に手伝ってもらいながら、真剣な表情で自分たちの作品をはさんでいました。


★英語イマージョンの "ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテン"
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-09-14 17:39 | プリスクール

b0083872_281369.jpg「洗濯」というテーマあそびが、これほど広がりのあるものだったとは、正直やってみるまでは全く考えが及びませんでした。

保育している大人も楽しい、子どもはきっともっと楽しい。そんなあそびのアイデアが次々浮かびます。

b0083872_283110.jpg今日のトドラーさんたちは、「House keeping ごっご」で遊びました。ひさしぶりに Big House の登場です。スペースを二つに分けて、片方で「洗濯」、片方で「掃除」のごっこあそびをしました。

私たち大人からすれば、掃除・洗濯など苦痛以外の何ものでもないのに(あ、私だけかも知れませんね)、この幼い子どもたちにはこれほど楽しい「遊び」なのですね。「仕事を与えられる」ということは、まさに人間の本分なんだと、子どもたちが活き活きと働く様を見て思い知らされた、と申し上げたら大げさでしょうか。

とにかく、かわいい!の一言です。小さな手が一生懸命洗濯物を洗ったり干したり、お掃除をしたりします。K.N.ちゃんはお洗濯に夢中です。トレイシー先生に洗濯ばさみの使い方を教えてもらうと、洗っては干して一生懸命洗濯ばさみを使おうとしますが、どうにもうまくいきません。それでもあきらめずに根気よく何度も挑戦する姿は立派です。

B.J.くんは、ほうきをもって Big House の大掃除です。大好きなK.M.ちゃんとほうきやスポンジを貸し借りして、一緒にお掃除をする姿が見られました。

B.J.くんは同じくらいの月齢のK.M.ちゃんのことが大好きで、ほっぺたを触ったり、手を握ったりするのですが、そのたびにK.M.ちゃんに泣かれてしまいます。終いには、B.J.くんの顔を見るなり泣かれるようにまでなってしまい、彼はかなりハートブレイクな日々を送ってきました。

K.M.ちゃんのお母さまの毎日の言い聞かせが効を奏したのか、今日こうして二人が仲良く Big House の大掃除をするさまを見て、わたしは冗談ぬきで涙が出るくらい嬉しかったです!

H.U.くんもY.S.くんも Big House が大好き。お掃除半分、あそび半分。ニッコニコの笑顔です。

一方のロンパーさん、今日のワークシートは、L is for lamb 。今月のテーマは farm animals なので、ちょうど被って、かえってよかったです。

b0083872_294993.jpg後半は、「洗濯」あそびを発展させて、みんなでTシャツの形にカットした画用紙にペインティングをしました。今日準備した色は、赤・青・黄の他、すこし趣を変えてオレンジと紫。トドラーさんも、筆を上手に使うことができました。オレンジ一色で豪快に筆を走らせるY.S.くん。一筆ごとに色を変えていくA.Su.ちゃん。となりにいたスコット先生に、色を変えるたび "Red, please."、"Blue, please." と伝えることができました。青・紫・黄色を上手に使って、絶妙な混色の具合を見せてくれたのはH.U.くん。

b0083872_210922.jpgどの作品も、大人が意図して作り出すことは決してできないものばかりです。これらの作品は、今日一日よく乾かして、明日にでも洗濯物干しひもに、一人ひとり「干し」てもらおうかと思っています。


★英語イマージョンの "ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテン"
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-09-13 16:32 | プリスクール