郡山市のプリスクールにおけるイマージョン教育レポート


by ysschool2006

先日のクッキングリッシュであそんだジンジャークッキーのレシピで、今朝ジンジャーブレッドマンクッキーを焼きました。

シナモン・クローブ・ジンジャーのスパイシーないい香りがスクール全体に広がります。

b0083872_1045073.jpg4色のフロスティングを準備しました。

A.Sh.ちゃんが、フロスティングを絞り口と反対方向からドバ~ッとクッキーの上にこぼしてしまうというアクシデントに見舞われてしまいましたが、そんなハプニングも含めて、楽しくデコレーションできました。

午前中最後の課業でしたので、お昼帰りのT.S.くんは、自分だけ食べられないと思い、玄関で大泣き。ごめんなさいね。申し訳なかったです。

他の子たちは、逆にこれはクラフトだと思っていたようで、食べ物だと思ってない様子です。先日はキャンドルを「おいしそう」と言ってみたり、今日は食べ物だと思ってもいなかったり、と子どもたちってほんとうにかわいらしいです。

フロスティングが固まってから、袋に入れ、実際にスクールのツリーに飾ってみました。ツリーが一気に華やかになりました。

夕方、展示スペースを整え、明日のスナック、ミンスパイの下準備を終えました。明日のコンサートに、皆さまを迎える準備ができました。

「クリスマス」のテーマあそびは、クリスマスソングもいいですが、何といってもクラフトが醍醐味だと思います。

明日のコンサートへ向け、1ヶ月前から The Three Billy Goat Gruff に取り組みつつ、一方で、ツリーのオーナメントをメインに、キャンドルなど、聖夜を彩る作品を制作して参りました。

今年のクリスマスは、ぜひ子どもたちの素敵な作品でご家庭のツリーを飾って、あたたかなひとときを過ごしていただければ、と思っております。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-12-14 19:48 | プリスクール

今日はなんと4名のお友だちが一気にお休みです。

みなさんそれぞれにひどいのですが、一番のショックは、K.N.ちゃんが肺炎で入院されたという知らせを受けたことです。

K.M.ちゃんは、お引越しのため、今週のコンサートを最後にワイズを退園されます。コンサート当日も登園は難しいとのこと、残念です。

でも冬休み前に一度いらしてくださるとのことですので、その日を楽しみにしたいと思います。とにかく一日も早くよくなって退院できますように、心から神様にお祈り申し上げます。

今日は、K.N.ちゃんのために、みんなで farewell card を描きました。

K.N.ちゃんがはじめてワイズへやって来たのはちょうど1年前のことです。その時2才になったばかりだったK.N.ちゃんも、今ではすっかりお姉さんになりました。

闊達でとても賢いK.N.ちゃん。これからもたくさんのことを学んで、立派に成長されることでしょう。短い間でしたが、K.N.ちゃんと英語生活できたことを、とても光栄に思います。

K.N.ちゃんのほかにも、ずっとお休みしているのはA.Su.ちゃんです。何とかコンサートに間に合えばよいのですが・・・。心配です。

今日登園している子どもたちの中にも、咳の出る子、鼻水の出る子が多いです。集団生活ですから否めない点もありますが、大人も子どもも感染予防に十分に注意していきたいと思います。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-12-13 16:52 | プリスクール

クリスマスへ向け、制作活動が次々に入ってきます。

今日はキャンドル。手作りロウソクにチャレンジしました。

「ロウソク」と一口に言っても、いろいろな種類、形、用途があることを今回知りました。ロウソク。ろうそく。蝋燭。・・・奥深いです。

これからは、毎年この時期に子どもたちと一緒にいろいろなロウソク作りに取り組みたいなぁ、と思いました。

今年は、手始めに、まずは簡単なところから。

b0083872_9583777.jpg市販の白いロウソクを溶かして、クレヨンで色を付け、シート上に固めました。子どもたちに手伝ってもらい、粉々に砕いてチップ状にしてもらいました。

子どもたちの目の前には、大きなおなべに牛乳パック、うつわの中には色あざやかなチップが並べられました。T.S.くんをはじめ、多くの子どもたちはクッキングと勘違いしたらしく、おなべを火にかけるのを見て、"Yummy!!" と叫ぶ子もいました。

でもN.M.ちゃんは、ロウのシートを砕きながら、「クレヨンの匂いだ!」。そう、クレヨンが入っているのです、するどいですね。

b0083872_959363.jpgチップは5色準備しました。好きな色を好きなだけ自分のカップに入れると、その中にさらさらに溶けたロウを流し込みます。

子どもたちは、順番に私のところへやってきては、自分のカップにロウが注ぎ込まれる様子を、じっと見守っていました。

b0083872_9591616.jpgロウはあっという間に固まり、元の白濁した固体に戻ります。その変化もまた、子どもたちには不思議な体験だったようです。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-12-12 16:05 | プリスクール

いよいよコンサートが近付いて来ました!今週の金曜日です。カウントダウンです。

今週からは、実際に舞台を設置し、動作も含めた練習を徹底して参ります。・・・ただ、風邪気味のお子さんが多いのが気になります。

この時期が、一年で一番免疫力が低下する時期だそうです。とくに今年の風邪はひどいように思いますので、十分に気をつけていきたいです。保護者の皆さまも、予防に心掛け、規則正しい生活等、ご協力よろしくお願い申し上げます。

b0083872_10151319.jpgさて、T is for Troll.

いまや、子どもたちの英語生活の中に、最低でも一日一回は登場するトロールです。今日は土ねんどを使ったトロール制作に取り組みました。

普段あそんでいる小麦粉ねんどとは全く違う材質感に、ちょっと新鮮な感覚を味わったようで、指にべっとりと付く土ねんどの感触を、じっーと楽しむ様子が見られました。

子どもたちのオリジナリティいっぱいのトロールに感動です。

ともこ先生が準備してくれたのは、お話の中の挿絵にそっくりなトロールでしたが、そこから発展させて、大きな角が生えていたり、大きな目がギョロッと睨むようだったり、今にも吼え出しそうな表情だったり。

b0083872_1015269.jpgみんな自分の世界に住むトロールをとても上手に表現できていました。

コンサート当日は、入り口に作品を展示いたしますので、ぜひご覧になってください。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-12-11 17:36 | プリスクール

「ウサギとカメ」ではなく、「カメとカメ」です。

b0083872_1013429.jpgT is for turtle.

クリスマスの合間をぬって、「T」アクティビティであそびました。

ロンパーさんは、速さを競います。"Me!" と勢いよく手を挙げ、意気揚々とレースに臨むのはU.Y.くん、H.K.くんです。A.Sh.ちゃんやS.S.ちゃんたち女の子チームも負けていません。

ティム先生の掛け声で、みんなが一斉にカウントダウンします。"3, 2, 1. Go!!"

デジカメを持って待ち構えている私の脇をあっという間に「這い」ぬけていきます。これが、本当に素早くて、シャッターを押しても間に合わないくらいです。

「速いでしょう?」と得意げに聞いてくるのはU.Y.くんです。私に話しかける時は残念ながら日本語です。私には日本語が通じると知っているからです(子どもは見た目で判断しています)。

"Yeah! You 're very fast!!" と、とりあえず英語で返しておきます。

すると、その場は満足気にスキップで去っていきますが、その後、ティム先生とかに "U, fast!!" なんて言っていたりするんです。私はそれでいいと思っています。

そんなロンパーさんたちの一方で、トドラーさんたちのハイハイのかわいいこと!

小さいからだにちょうどぴったりの「甲羅」を背負って、ハイハイで進んでいきます。ついこの間まで、本当にハイハイしていた子たちです。

時間をかけて、ゆっくりゆっくり這う様は、本当に turtle のようです。あまりに可愛すぎて、周りの大人たちは表情が緩みっぱなしでした。

こんなかわいらしい「カメ」姿、保護者さま方にもご覧になっていただきたいです。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-12-08 16:09 | プリスクール

b0083872_10114093.jpg昨年やりたくて出来なかったクラフト。

キャンディケインで作る真っ赤なお鼻のトナカイさん。

昨年は、キャンディケインの注文が遅れたため手に入れることが出来ず、やむなく断念したのです。(今年は、余裕を持って11月のうちに注文しました。)

作業自体は非常に細かいものです。細いキャンディケインの上に、更に小さい目や鼻のパーツをボンドで貼り付けていきます。

"antlers" のところが少し難しかったのですが、時間をかけて取り組む姿が見られました。

b0083872_10115769.jpg出来上がると、ともこ先生がツリーに飾れるように、ひもで縛ってくださいました。

Pinecone だけだったクリスマスツリーが、一気に賑やかになりました!

これからクリスマスコンサートへかけて、様々なクラフトを楽しんで参ります。ツリーももう少し賑やかになる予定です。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-12-07 18:27 | プリスクール

ティム先生のトドラータイムは、The Wiggles のダンスで始まります。The Monkey Dance は、昨年の「プレ・プリ」でも踊った子どもたちのお気に入りです。

先週、最初にこの曲がかかった時は、覚えている子は一人もいなくて(当たり前ですが)、「新しい」曲にちょっぴり戸惑った様子さえ見せていました。でも今週は、音楽が流れ始めたとたんに、みんなの体が自然と動いて、楽しく踊ることができました。

先生が、Animal sound の確認をしながら、"The Very Busy Spider" を読んでくださいました。K.N.ちゃんは一段と集中力が持続するようになっています。Animal sound も、とてもよく覚えていて、ほとんどすべての動物の鳴き声を教えてくれました。

B.K.くんが、お話の最中に突然席を立って、私のところへ歩いてきました。

「おしっこ・・・」

初めて予告することができました!もちろんオムツは濡れていませんでしたし、きちんとトイレですることができました。すごいっ!! B.K.くん!! 春までにはきっとオムツとさよならできるね。

その後ボーリングあそび。でも、ただピンを倒すのではなく、自分が倒したいピンの色を言ってから、そのピンだけを倒すというもの。

まず、えらいと思ったのは、先生のお話に(ルールの説明をしていました)耳を傾け、理解しようとする姿です。トドラーさんですから、もちろんそれほど長い時間集中力が持続するわけではないですし、お隣同士ふざけあったり、思わず席を立ってしまったり・・・などということは当たり前にあります。それでも目をキラキラさせて、「先生が説明しているこの遊びに挑戦してみたい!」という意欲を非常に強く感じました。

次に、順番をしっかり守ってお友だちを待てる、ということです。これは、ロンパーさんたちと一緒になっていろいろなアクティビティを経験しているトドラーさんですから、そのような姿勢が、知らず知らずのうちに身に付いているのだなぁと感じました。

そして、実際に自分の番がやってきてあそぶ時も、先生の声に耳を傾け、終わりを告げられたらきちんと終了することができる、簡単に見えて案外難しいところだと思いますが、これをきちんとできるようになっているトドラーさん、本当に「成長したな~」と思います。

ロンパーさんのアルファベット・ワークシートは、T is for tiger 。

好きな色を使って、トラの体にシマシマ模様を描いていきます。みんなとても上手。トラの縞々の様子をしっかり観察して、正しい模様を入れることが出来ていました。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-12-06 14:45 | プリスクール

S.K.くん、今日は泣かずにお別れできました!よかったです。

今週は「T」週です。T is for teeth.

昨年同様、「歯みがき」は、楽しい課業の一つです。

先日の懇談会で、S.K.くんのお母さまから、歯みがきをしっかりして口腔内の雑菌の繁殖を抑えると、インフルエンザに感染する確立がぐんと減る、というお話を伺い、昼食後の歯みがきを更に徹底させよう!と思ったばかりです。

たまたま「T」週にかかり、グッドタイミングで歯みがき指導のチャンスがやってきました。

特にロンパーさんは、食後のフリープレイで早く遊びたいがために、ちょっと保育士が目を放すと、ついつい歯みがきを急いで終わらせてしまいがちです。

ちょうど歯みがきを怠りがちなこの時期に(日本の幼稚園だと、たいてい6月4日「ムシの日」に歯みがき指導をします)歯みがきの大切さを再確認できるのは、とても有意義であると思っています。

b0083872_954016.jpgコンサートの練習は、個人練習に入っています。いつも不思議に思うのが、子どもの驚異的な吸収力。ほとんどのお子さんが、もうすでにすっかりセリフを覚え切ってしまっています。たったの数回で、どうやったらできるのでしょう?大人には成せるはずもない業です。

一度みんなでストーリーとセリフを確認した後、"Who wants to be Troll?" というように、先生が尋ねていきます。"Me!" と勢いよく手が挙がります。

2度目のターンがやってきた時、Trollに選ばれたのはU.Y.くん。うれしはずかしの表情で、モジモジしながら "I'm coming to eat you up!" のセリフもニッコニコ顔なので、思わず笑ってしまいました。

Y.S.くんも、ふだんの練習では、ちゃんと聞いているのかなぁ、と心配になることしばしばなのですが、立派に The Little Billy Goat Gruff のセリフを言うことができたので、やはりおそるべし!3才児、です。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-12-05 17:47 | プリスクール

いよいよ今週から本格的にクリスマスウィークに突入です。

子どもたちと先生方は、コンサートへ向けて、着々と準備を進めています。今週は、更にセリフをシンプルにして、実際にアクトアウトして参ります。

役割りはまだ決めません。今週いっぱいは、全員がどの役でもこなせるよう、全体練習を繰り返していきます。

ご自宅でも練習にご協力いただければ非常に心強いです。セリフは以下の通りです。ナレーションは先生が行います。

T(troll): Who's on my bridge?
1: It's me, Little Billy Goat Gruff.
T: Oh-ho. I'm coming to eat you up!
1: Don't eat me. Wait for my brother.
T: Be off with you!
--------------------
T: Who's on my bridge?
2: It's me, Middle Billy Goat Gruff.
T: Oh-ho. I'm coming to eat you up!
2: Don't eat me. Wait for my brother.
T: Be off with you!
--------------------
T: Who's on my bridge?
3: It's me, Big Billy Goat Gruff.
T: Oh-ho. I'm coming to eat you up!
3: Well, come and try it!

コンサートへ向けての準備と併行して、クリスマスをテーマに、クリスマスソングや様々なクラフトで楽しんで参ります。子どもたちは、これから冬休みまでの間、お家でのクリスマスを彩るいろいろな「小道具」たちを制作していくことになります。

b0083872_9453555.jpg今日は、pinecone(まつぼっくり)に色を付け、ツリーのオーナメント作りです。"white"、"silver"、そして "gold" のアクリル絵の具を使ってペインティングしました。


b0083872_9461711.jpg月曜日にもかかわらず、とってもエキサイト気味の子どもたち。コンサートの練習中も、始終ざわついておりました。本当に、「どうしたの?」というくらいです。


b0083872_9463641.jpg楽しい週末を過ごして、興奮が冷めやらぬのでしょうか?それとも、あまりのよいお天気が原因でしょうか?あるいは、逆にちょっと疲れているからなのかな?


b0083872_947138.jpgそんな今日の子どもたちが、しん・・・となって集中した課業でした。ほんとに・・・みんなの鼻息しか聞こえてこない、ような静けさでした。



b0083872_9472023.jpgS.S.ちゃんは、白の絵の具で一心不乱に筆を使っています。

"S.S. is white!" 自分のまつぼっくりをトレイシー先生の目の前に持っていって見せてくれます。先生が、

"Oh, S.S.'s pinecone has lots of snow!" と、褒めてくださると、

"Yes! It's snowing!!" と誇らしげに答えておりました。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-12-04 13:35 | プリスクール

「S」といえば、strawberry ですから、スナックには、やはりイチゴを出したいな・・・と思いましたが、ちょっと季節はずれではあります・・・。そこで、今日は Strawberry Jello で我慢することにしました。

「いちごミルク」風に、コンデンスミルクをかけていただきました。これはこれで、なかなかおいしいおやつでしたよ。

今日からスコット先生復活です!あの賑やかな声がクラスに戻ってきました。

ティム先生は、トレイシー先生と交替で、トドラーさんと一緒にクラスタイムを過ごすことになります。

ロンパーさんが、S is for sheep のワークシートを頑張っている間、トドラーさんたちは、はらぺこあおむしさんにいろいろな食べ物を食べさせてあげながら遊びました。

H.U.くん、あおむしさんが食べたがっているものをちゃーんと聞いて、間違えずに見つけてきてくれました。Y.S.くんやK.N.ちゃんたちは、実際にあおむしさんの口まで食べ物のカードを運んで、食べさせてくれました。食べさせている時の嬉しそうな表情ったらないです。

b0083872_1013835.jpg今日の後半は、S is for silver star で、銀色のお星さまにビーズをたくさん散りばめて、「キラキラ星」作りをしました。

このお星さまは、次の「T」週のうた、Twinkle, Twinkle, Little Star を歌うときの頭飾りになります。また、12月15日のクリスマスコンサートの時にも、保護者様の前で、子どもたちがこの歌と踊りをご披露いたします。

どうぞ楽しみになさっていらしてくださいね。子どもたちも、少しずつですが準備を進めております。

まもなくクリスマスですね。寒いけど、あたたかい季節がやってきます。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-11-22 16:33 | プリスクール

お天気が崩れると思いきや、朝からおひさまがさんさんとふりそそいでいるではありませんか!やっぱり天気予報はあてにならないです。

火曜日は、年間通じて見学日としてクラスを開放しております。新年度ご入園ご希望の方々や途中入園ご希望の保護者さま方が、クラスの様子をご見学にいらっしゃいます。

さすがにこの時期になりますと、月に何組かはご見学者がいらっしゃるので、今日のように本当によいお天気の日でも、急に公園行きに予定を変更!とはなかなかいかないのが残念です。

新モーニングルーティーンになって2日目の今朝は、ちょっとざわざわしたまま過ぎていきました。

S is for sailboat.

今日のワークシートは、台紙も船の部分も帆の部分も、色取り取りです。子どもたちがわれ先にと "Yellow, please!"、"Purple, please!" と身を乗り出します。

ティム先生が順番に尋ねて行くので、思い通りの色が手に入らないことも・・・。とても残念だけど、このような場面を通じて、我慢することを学ぶのも大切なことだと思います。

b0083872_9571517.jpg出来上がった sailboat に、思い思いに乗組員を乗せていきます。H.K.くんのヨットは、マストがあまりに太いので、まるで船の上にお家が建っているよう。

A.Sh.ちゃんは、最後の最後までペンを離さずに粘っていました。ほんとにたくさんの人や動物が描かれていて、ヨットからあふれています。

b0083872_9575566.jpg一方のトドラークラスは、フィンガープレイのあと、小麦粉粘土あそびを行いました。週の前半は、トドラークラスの中でも、昨年度の「プレ・プリ」に参加されていない、ちいさなトドラーさん、新しいトドラーさんが多いのですが、今日の様子などを見ていると、随分と落ち着いて座って、ある一定の時間を一つの遊びに集中できるようになって来たな~という印象です。

b0083872_9581380.jpg後半は、昨日に引き続き Sack Race 。

昨日はワンターンしか回って来なくて、少々不完全燃焼気味だったロンパーさんたち。今日は少し長めに時間を取ったので、十分に楽しむことができたと思います。

トレイシー先生と一緒に、"one, two, three, go!!" の掛け声で、赤チームと青チームで競います。N.M.ちゃんは興奮して、「A.Sh.、絶対勝ってね!」(と、これは日本語)と声を掛けます。「うん、わかった!」とA.Sh.ちゃん(これも日本語)。全員で "Go! Go! ○○!" と応援して盛り上がりました。

b0083872_95830100.jpg最後は、The Three Billy Goat Gruff のフェルトボードでのストーリーテリングです。オリジナルの文章は、長く、表現も複雑なので、子どもたちの劇のセリフにはあまり向きません。

そこで、ともこ先生に、フェルトボード用にキャラクターと背景を作ってもらいました。外国人の先生方が、子どもにも親しみやすい平易な言葉遣いで、楽しくお話をしてくださいます。

何といっても、やはりトロールが "Who's that crossing my bridge?" と吼えるあたりが人気のようです。先生方の声が変わるのが楽しいようです。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-11-21 16:05 | プリスクール

今日からモーニングルーティーンが少しだけ新しくなりました。

b0083872_9464281.jpg"Good Morning Song" と "The Weather Song" のプロセスを簡略化させ、そのかわり Greeting と Emotion に多くの時間を割いていくようになります。

トレイシー先生に "How are you?" と尋ねられ、順番に答えていきます。Aちゃんは、一番乗りで "I'm happy!" と元気に答えてくれました。

N.M.ちゃんは、"I'm sad..." と元気なく答えます。"What's wrong?" とトレイシー先生が心配そうに聞き返していました。

実は、今朝ほど、U.Y.くんが自分で転んでおでこを床に打ちつけ、たんこぶを作った様を、N.M.ちゃんは目の前で目撃していたのです。

そのあまりの痛々しい様子に心を痛めて、N.M.ちゃんは、U.Y.くん以上に大泣きしていたのです。とても "happy" な気分ではないですよね。きちんと自分の正直な気持ちを表現できることは立派です。

一方のU.Y.くんは、そのお隣で "I'm happy!" と答えていましたが。

またA.Sh.ちゃんが、気を持たせてなかなか答えないでいると、隣から "Angry! Angry!" とちゃちゃを入れるU.Y.くんです。確かにその前のフリープレイで二人は sea creatures を取り合ってもめていました。

"No, no! I'm fine! But little bit sleepy." とすかさず答えるA.Sh.ちゃん。短い英語でも、しっかり冗談言い合っているような二人の様子に、思わず笑いながらも感心してしまいました。

今週は、"S" week です。

b0083872_947893.jpg今週のソングの一曲、"Sally The Camel" の導入で、トレイシー先生が Sally のこぶを一つずつ取っていきます。すごいな、と思ったのは、すんなりと "No hump" の発想ができていたこと。そして、"No hump" の Sally を見て、S.S.ちゃんが "A horse!" と気が付いたこと、です。

思わず拍手してしまった私をくるりと振り返り、得意げな満面の笑みを浮かべるS.S.ちゃんでした。

クラスタイムの後、後半は Simon Says や Sack Race で体を使って遊びました。

外は冷たい雨がしとしとと降って、一日一日と冬が近付いてきているのが感じられます。今週は、あんまりお天気に恵まれないようですので、体を使った遊びを中心に室内で過ごして参りたいと思います。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-11-20 17:43 | プリスクール

昨日までの雨がすっかり上がって眩しいほどです。今日も公園行きです。

ちょっと風が冷たい感じもしましたが、子どもたちは、おやつを終えると嬉々として出掛ける準備を始めました。

雨上がりの麓山の杜21世紀記念公園は、やっぱりちょっと muddy ・・・。

b0083872_941935.jpgそれでも晴れやかな表情で、のびのびと走りまわる子どもたちの様子を見ていると、ようやく外あそびが出来るようになってよかったな、と本当に嬉しい気持ちになりました。

ところが、ふと目を遣ると、S.S.ちゃんの真っ白なコートが泥だらけになっているではありませんか。

駆け寄った私が "You had a great fall?" と尋ねると、

"Yes"

"Where?"

"うう~ん。Over there..." (スロープの方を指差す "over there" を思い出すのに少しだけ間が要った様子)

"Aren't you hurt?"

"...Here." (ひざをおさえる)

"Are you all right? Be careful." (ひざの泥を落としながら)

"OK." (走っていく)

どうやらスロープの端から落ちてしまった様子。派手に泥だらけなわりには大きなケガには至らず、よかったです。

それにしても、英語だけで用が足りてしまいました。S.S.ちゃん、すごい。

b0083872_9422162.jpg今日の公園行きの目的は、今週のテーマあそびで使用する木の葉の収集も兼ねていました。今日は、U.Y.くんが率先して手伝ってくれました。

トドラーさんたちは、スロープがかかっている大きな岩の上の小さなくぼみに水が溜まっているのを目敏く見つけて、「コーヒー屋さん」ごっこが始まりました。

う~ん。確かに泥水がコーヒーみたいに見えますね。

麓山の杜は、よく手入れの行き届いた庭木が整然と植えられていて、秋の落し物を探すにはちょっと「きれい」すぎる公園なのですが、それでも赤や黄色の鮮やかな紅葉やイチョウの葉っぱをたくさん拾うことができました。

今週から、12月15日のクリスマス・コンサートへ向け、準備を開始します。まずは、当日のメインイベントとなる劇「三匹のやぎのがらがらどん(The Three Billy Goat Gruff)」のお話を読み始めました。

これから1ヶ月をかけて、役割を分担し、セリフを覚え、お父さまお母さま方にご覧になっていただくために、毎日頑張って練習を繰り返してまいりたいと思います。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-11-13 18:45 | プリスクール

今日のおやつは、「五平餅」に挑戦です。五平餅は、ごはんをすりつぶし、味噌味の甘いたれをぬって焼いた食べ物です。ご存知ですか?江戸時代の中部地方が発祥の地とされているようです。

たれも、クルミやゴマなど、いろいろなフレーバーがあるようですが、今日は本当にシンプルに、我が家の田舎味噌をベースに作りました。

何がたのしいって、お餅付きのように、ごはんをぺったんぺったんとすり潰すことです。

みんな、意外と力持ちで、結構な勢いで棒を付いてすり潰してくれました。頼もしい限りです。丸めるところは、先生にお任せ。子どもたちにはたれをのせる工程を手伝ってもらいました。

歌をうたっている間に、オーブンからとっても香ばしいかおりが漂ってきました。みんなぺろりと平らげてくれました。とても簡単でおいしいおやつでした。

b0083872_9332785.jpg後半は、テーマあそびの一つとして、rock painting に挑戦しました。

昨日拾ってきた大小さまざまの石の中から、自分で気に入ったものを選びました。色も秋らしいものをチョイスしてみました。


b0083872_9334861.jpgB.K.くんの rock の素敵なこと。まるでエメラルドのようです。Aちゃんは、裏までしっかりとペインティングして、台紙にべっとりと貼り付くほどです。H.K.くんは、小さな石を2つ選んできて、きれいなブルーに仕上げていました。

A.Sh.ちゃんは、今回も根気よく、最後まで筆を置かずに塗り続けていました。

b0083872_9335991.jpgこれらの作品は、12月15日のコンサートの日に展示して、ご覧になっていただこうと思っております。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-11-10 16:21 | プリスクール

思いがけず、2日間も休講扱いとなってしまいました。仕方のないこととはいえ、子どもたちをはじめ、保護者さま方には非常にご迷惑とご心配をお掛けいたしました。大変申し訳ございませんでした。

さて、本日二人の先生方も復活し、普段の賑やかなスクールの風景が戻って参りました。

b0083872_9302443.jpgハロウィンが終わってから、みんなが待ちかねていた公園行きです。子どもたちもうずうずしておりましたが、それは私も同じこと。朝から、子どもたちが登園する毎に、真っ先に「今日はパークだよ!」と言いふらしていたら、みんなを興奮させてしまったようで、モーニングルーティーンから、ず~っとそわそわしっぱなしです。

スナックが終わって、ようやく緑のスクールカーに乗り込むと、お隣のお友だちと手を取り合って「たぁのし~ねえ~!!」と顔を見合わせ、ニッコリ~はS.S.ちゃんです。N.M.ちゃんは、普段以上の黄色い声で「きゃあ~お」と叫んでは、車内のみんなをびっくりさせて(喜ばせて?)いました。

H.U.くん、道すがら、大きなアドバルーンを見つけ、"Balloon!!" と言って大喜びの様子。公園わきの歩道をみんなで歩いているときも、K.N.ちゃんは、満面の笑みで、「Parkだね!!」と、トレイシー先生を見上げて言っておりました。

お天気も最高で、時期のわりには暖かな日でした。麓山公園は、すでにたくさんの利用者で賑わっておりました。

みんな、ほんとうに、よっぽど嬉しかったのですね。ひとしきりカモの池の辺りを散策した後は、もう夢中で遊具の間をぐるぐる走り回っていました。

帰る時間がやって来ても、なかなか line up できません。K.N.ちゃんは、ジャングルジムの上で最後までねばっていました。(う~ん、気持ちはわかるけど・・・ごめんなさいね。)

明日の Rock painting に使う rocks も、K.W.くんのお陰で随分と集めることができました。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-11-09 17:39 | プリスクール

ティム先生が風邪でダウンしました。やはり、双葉町からの通勤は、大変だったのでしょう。どんなルートを走っていらしてるのか、ノーアイデアですが、結構な距離のはずですから。

プリスクールの生徒さんならびに保護者の皆さまには、大変なご迷惑をお掛けいたし、心よりお詫び申し上げます。

トレイシー先生も忌引きでお休みですから、やはりどうしようもありません・・・。

二日ともとてもよいお天気で、公園行きを計画していただけに、とても残念でした。

モーニングルーティーンは、私が行わせていただきました。あとは、室内で、日本人保育士たちと一緒に、英語や日本語で歌を歌い、日本語で工作やぬり絵をしたり、ゲームをしたりして過ごしました。

本日の夕方、ティム先生から連絡があり、明日からは出勤可能とのことでした。また、トレイシー先生も戻って参ります。

明日からは、通常通り課業を再開できそうです。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-11-08 20:52 | プリスクール

トレイシー先生、本日より忌引きのため3日間のお休みをいただくこととなりました。どうぞよろしくお願いいたします。

"R" week です。

「R」は rice の「R」です。今週の snack time は、お米を使ったおやつを中心にいただいていきたいと思います。

まず、初日の今日は、定番!おにぎり(rice ball)です。モーニングルーティーンが始まる頃から、教室にいいにおいが立ち込め始めました。炊飯器の中で、ご飯がぐっつぐっつと炊ける匂いです。

炊飯器を見つけて、N.M.ちゃんが "What's this?" 。"It's a rice cooker." と教えてあげると、「ふ~ん」。

その後間もなく、Snack time が始まって、ティム先生が、炊飯器を指差して "What's this?" と尋ねると、N.M.ちゃんは、自信満々で、

"Rice cracker!!"

「ん・・・!?」

わたしもよくやる間違いです。「ひじ」と「ひざ」みたいな(・・・ちょっと違いますか?)。思わず笑ってしまいました。

b0083872_9481638.jpg「おにぎりをにぎる」・・・意外とご家庭では、子どもたちに経験させることが少ないのではないでしょうか?

何といっても messy ですから。

b0083872_9484446.jpg子どもたちは、真剣な表情でひたすらごはんを握ります。なかなか丸くはなりません。

A.Sh.ちゃんのてのひらは、ご飯つぶだらけになるばかりで、ちっともまとまりません。A.Su.ちゃんは、ティム先生に手伝ってもらいながら何とかごはんを一まとめにすることに成功しました。

b0083872_9492926.jpg一方、Aちゃんは、大人の助けを借りずに黙々と握り、いつのまにか2つのおにぎりを完成させていました。すごい!!



b0083872_949168.jpg自分で作ったおにぎりは、また格別のお味です。ご覧ください、この食べっぷり!!




b0083872_103951.jpg腹ごなしに "ROLL OVER!" 。久しぶりに絵本を取り出して読みました。その後は例によって、マットレスで roll over! です。

それでも今日のランチは少々キツかったです・・・。お母さま方、せっかく作ってくださったのに・・・残してしまったお子さんが多かったです。申し訳ございません。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-11-06 16:35 | プリスクール

Q is for Quilt.

数少ない「Q」のアクティビティの中でも、比較的取り掛かりやすいのが、この Quilt です。

キルトは、ご存知の通り、端切れをパッチワークして作るアメリカの伝統工芸品です。プリスクールの子どもたちは、もちろん針が使えるはずもないですから、別のいろいろな表現方法を工夫します。

今年は、小さな正方形の画用紙を根気よく並べていく作業を通じて、"Quilt" を紹介しました。

b0083872_9302848.jpg本来のキルトのように、隙間なくしっかり並べて貼り付けていくことがねらいでした。「できるかな~」と思いつつ様子を見ていると、ロンパーさんたちは、要領を得たようで、真剣な表情で黙々と貼り付ける姿が印象的でした。

キルトの様か・・・といいますと、イマイチそうとも言えないのですが、なかには、隙間なく上手に根気よく続けて貼ることができた子もおりました。

トドラーさんも、自分でのりを持って、好きなところに貼り付けては楽しんでいました。

b0083872_9304576.jpg他にもいくつか「Q」アクティビティを考えて準備はしておいたのですが、敢え無く時間切れ。また別の機会にあそぶこととします。

明日は文化の日でお休みですので、「Q」週はこれでおしまいです。来週はさっそく「R」へ入ります。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-11-02 15:07 | プリスクール
今日から11月ですね。11月のテーマは、"Autumn Nature" です。

10月は行事が多くてなかなか屋外へ繰り出すことができませんでした。本格的な冬がやって来る前に、出来る限り公園へ出掛けて、晩秋の自然に触れていきたいと思います。

さて、今週は「Q」week でもあります。

「Q」は、アルファベット26文字の中でも、一、二を争う語彙(アクティビティ)の少ない文字です。

b0083872_9275658.jpg「Q」といえば、Queen です。

スパンコールでお妃様の王冠をデコレートしました。小さい小さいスパンコールを扱いますので、根気と集中力の要る作業でしたが、素敵な王冠を作っていく作業は、ロンパーの女の子たちにとって、とても楽しい作業のようです。

今月からは、12月のクリスマスコンサートに向けての練習が始まります。昨年同様、オープンスクールも兼ねておりますので、参観の他に、クリスマスソングを歌ったり、親子で工作を楽しんで参りたいと考えております。

そして、何よりのメインイベントは、子どもたちによる劇の披露です。

昨年度は、"Three Little Pig (3びきのこぶた)" でした。今年度は・・・といいますと、まだ少し検討中です。今年は、3才児だけでなく、2才児も一緒ですから、そのあたりを考慮しつつ、演題を選定して参りたいと思います。

ハロウィンが終わったばかりですが、さっそく次の目標へ向けて、着々と準備を進めていきたいと思います。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-11-01 19:18 | プリスクール

Monday, 30

紙皿を利用して、paper plate puzzle を作成。

出来上がったパズルをお友だちと交換して、完成させます。結構むずかしいね? "Oh, no!!" と頭を抱えるM.M.ちゃんです。

Tuesday, 31

今日はいよいよハロウィンの夜です。ケリー先生の衣装は真っ赤な小悪魔?

みんなもとってもかわいいよ!

まずは腹ごしらえから。Witch'es Blur. ケリー先生が上手に驚かせるので、みんな怖がって、なかなか食べてくれませんでした。

次は、カボチャを掘って、Jack-o-lantern 作りにチャレンジです。結構力が要るね。

最後は、お待ちかねの Trick-or-treating 。手作りカップにあふれるほどのお菓子をもらったら・・・

HAPPY HALLOWEEN !!
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-31 19:59 | アフターキンダーガーテン

今年もやって参りました、今日のこの日が!

昨夜まで悩んでいましたが、私は去年と同じ仮装になってしまいました・・・。がっかりさせて申し訳ありません。その後の事や機動性を考えると、やっぱり「ネズミ男」が一番、という結論に達してしまいました。

私の事はともあれ、続々登園する子どもたちのかわいらしいこと、かわいらしいこと!

b0083872_826514.jpg中にはぜ~んぶ手作り!というお子さまもおりました。昨年度もそうでしたが、お母さま方の素晴らしいソーイングテク&アイデアには本当にため息が出ます。

親子で仮装してくださった方々もいらっしゃいました。この日のために、どれだけの時間とエネルギーを費やしてくださったことでしょう。本当にありがとうございます。心から御礼申し上げます。

b0083872_8264232.jpgさてさて、朝のうちは、参観も兼ねてのモーニングルーティーンです。K.N.ちゃんがヘルパーになって、お友だちのお名前を一人ひとり呼んでくれました。お名前を呼ばれたお友だちは、前へ出て、自分のネームタグを間違えずに見つけ出し、アテンダンスボードに貼り付けることができました。

2才3ヶ月のT.S.くんも、ちゃーんと自分のお名前が見つけられるのですから、びっくりです。T.S.くんは、自分のお名前に止まらず、他のお友だちの名前にも興味津々です。最初の音を聞き分けて、ちいさな指で頭文字を探しています。

Fly, fly, fly little bats とっても上手にできました。仮装して踊るとまた一段とかわいらしいですね。

b0083872_8283145.jpg親子で pumpkin carving に挑戦。

スナックは、おなじみ Witchs' Brew Punch 。昨年度はベースに soda pop を使いましたが、今年は apple juice にしたところ、完食してくれる勇敢なお子さまが多数に及び、私は happy でございます。

b0083872_8292546.jpg3つのアクティビティを楽しみました。Pumpkin hop で、保護者のみなさまに、ようやく子どもたちのあまりにかわいい hop をお見せすることができ、勝手に一人で満足しております。

b0083872_8364763.jpgいざ、Trick-or-treating へ。お天気も快晴。着ぐるみの子には少し暑いくらいです。

どの事業所さまも、本当にご親切に対応してくださいました。この場を借りて、重ねて御礼申し上げたいと思います。


b0083872_8294826.jpg有限会社 トップジャパンさま
お隣なので、日頃から駐車場などで非常にお世話になっております。



b0083872_830892.jpg西ノ内歯科クリニックさま
診療中のお忙しいところ、本当にありがとうございました。



b0083872_8302935.jpgセレクトショップ CLASSICAさま





b0083872_8304144.jpg理容 なべさんさま





b0083872_8361158.jpg美容室 Arts さま
子どもたちに英語で話しかけてくださって、感激しました!




b0083872_831107.jpgNAT-U-RAL さま





みなさま、お仕事中にもかかわらず、本当にありがとうございました。そして、できればまた、来年もぜひともよろしくお願いいたします。

本当のハロウィンは、ご存知のように日が暮れてからです。時差の関係上、世界で一番最初に trick-or-treating したのは、私たちかも知れませんね!

あらためまして、みなさまに、

HAPPY HALLOWEEN !!
b0083872_83262.jpg

[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-31 18:48 | プリスクール

今日からティム先生がプリスクールの教師陣に加わりました。どうぞよろしくお願いいたします。

b0083872_8104615.jpgニュージーランドのご出身で、1才のかわいいベイビーのパパでもあります。

ハロウィンは北米(特にアメリカ)で最も盛んな行事で、オーストラリアやニュージーランドでは、あまり祝われないようです。でも、子どもの頃をイギリスで過ごされたというティム先生、小さい頃はやはり trick-or-treating に出掛けていたとのことです。

とても物腰の柔らかい、優しそうな先生です。子どもたちを楽しく導いて行ってくれることでしょう。

A.Su.ちゃんが、ティム先生と真っ先にお友だちになっていました。とても気難しいところがあって、春先スクールに慣れるのにも人一倍時間がかかった、とても恥ずかしがり屋のA.Su.ちゃんが、ティム先生と一気に意気投合(!?)しているので、とても驚きましたが、これはとてもいい傾向、ですよね?

明日はいよいよハロウィン。歌やアクティビティを総ざらいしました。

先程、trick-or-treating でお世話になる事業所さんにキャンディーを配って参りました。今年は全部で6ヵ所の事業所さんにご協力をいただけました。

この1ヶ月あまり、子どもたちは、毎日毎日ハロウィンを楽しみに過ごしてきました。明日が一番のお楽しみです!明日で終わっちゃうと思うと、ちょっと寂しい気分もしますが・・・、

とにかく早く、明日よ、来い!

きっといいお天気です。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-30 17:35 | プリスクール

Tuesday, 24

Singing time "Clap your hands"

Wednesday, 25

ハロウィンの日、"trick or treat" の必需品、トリートバッグを制作しました。

Thursday, 26

かずのお勉強も頑張っています。

来週10月31日は、ハロウィンです。仮装してご参加ください。保護者様のご参観も大歓迎です。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-27 18:41 | アフターキンダーガーテン

パンプキンパイをみんなでクッキングしようと、昨日パイシートを買いに出掛けました。

ところが、近所のベニマルも、ちょっと遠いところのベニマルも、そして、普段使っている業務スーパーも、スクールの近くの業務スーパーも、どこでも売り切れ!でした。

偶然でしょうか?それともみんなでパイを焼いているのでしょうか?時期といえば時期ですが、そこまで日本にパンプキンパイが定着しているのかしら??などと考えつつ、あきらめて帰ってきました。

そこで、本日のおやつは「パンプキン蒸しぱん」となりました。

b0083872_854582.jpgまずは、粉とミルクを混ぜる作業。これは粉が飛び跳ねないよう気を配りながら、だまにならないよう混ぜ合わせていかなくてはなりません。ロンパーのお姉さん方のお仕事です。最後はトレイシー先生にしっかり混ぜていただきました。つぎに、ほっくり茹でたパンプキンをさっくりと混ぜ合わせます。これはトドラーさんたちのお仕事です。

普段は走り回るのが大好きなトドラーのやんちゃ君たちも、クッキングの時だけは、びっくりするほど集中して座ってくれます。おいしいものを作るのは、本当に楽しいことです。

Halloween Songs を歌っている間に・・・蒸し上がりました。

b0083872_86147.jpgみんなであつあつをいただきました。ほのかなシナモンの香りで、心まであったか~くなりました。

ハロウィンのアクティビティをフルコースで遊びました。

来週はいよいよハロウィンですね。私は未だに何になろうか迷っています。

明日は懇談会です。午後からはクッキングリッシュもあります。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-27 16:38 | プリスクール

やわらかい日差しが教室の中を暖めてくれます。雨降りの月曜日から、肌寒かったので延期していたスナック、Ice cream ghost をようやく食べることができました。

少し溶けてやわらかくなったアイスクリームに、M&Mチョコで「目玉」を付けただけの簡単ゴーストです。こんなシンプルな演出でも、これらの幼い子どもたちの想像力によって、今にもふわふわと飛び出しそうなお化けに見えてくるのでしょうか。

"Wow!! It's a ghost!" とお皿の中から子どもたちを見上げるゴーストに目を見張ってくれます。かわいいですね。

b0083872_21394166.jpg今日の制作活動は、little bats です。Hot potatoes を作ったときを思い出して、新聞紙を roll-up しました。黒いポリ袋で包むところが、トドラーさんにはちょっと難しいところでしたが、先生方に手伝ってもらいながら、真剣な表情でモールをグルグル巻きにし、顔のパーツを貼り付けています。

b0083872_21395871.jpgお昼にともこ先生が「お空に飛ばして」くれました。どのコウモリさんもかわいらしくできました。保護者さま方は、ぜひハロウィンの日にお子さまのコウモリさんをご覧になってくださいね。


b0083872_21401495.jpg今日は pumpkin hop に挑戦。床に散りばめられた pumpkins の上を hop していくだけの単純なあそびです。一人ひとり順番に hop していきます。


b0083872_21402851.jpg本当に、不思議なくらい(という表現が正しいか・・・)かわいらしいのです!ただただポンポンと飛んでいるだけなのですが、どの子もどの子も、その hop する有り様が本当にとってもかわいい(!!)です。

いますぐお父さまお母さまにお見せしたいほどです。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-26 17:40 | プリスクール

Singing Time でもハロウィンソングを楽しんでいます。

特にみんなのお気に入りは、"Fly Little Bats" です。♪Fly, fly, fly little bats ~ と歌が始まると、子どもたちは a bat になりきって踊り始めます。 他にも、little spiders, little monsters, little cats...と全部で6種類のハロウィンのキャラクターになりきって踊ります。

b0083872_21345575.jpg今日は、ハロウィン当日の必需品 trick-or-treating bag を作りました。このトリートバッグ、いろいろな材料でいろいろなデザインが考えられますが、今年は2ℓのペットボトルを利用してみました。

何と言っても丈夫でたくさん入ります。これが一番ですね!

b0083872_21352841.jpg子どもたちは、油性マジックで思い思いの絵を描きました。ロンパーさんの中にはモンスターやスパイダーを上手に描く子もいます。

K.N.ちゃんは、大好きなピンク色のマーカーで、一生懸命根気よく底の部分を隙間なく塗っています。

仕上げは、ともこ先生お手製のスティッカーです。先生方と一緒に、"spider" や "cat"、"Jack-o-lantern" などの名前を確認しつつ、バッグの側面を飾っていました。

ハロウィン当日は、このトリートバックがかわいらしくみんなの仮装を演出してくれることでしょう。

Witch's bloom (魔女の魔法の箒)で sweeping してあそびました。魔女の箒を使って、Pumpkin bean bag toss の bean bags をゴールまで運びます。Bean bag をまっすぐ運ぶのは、なかなかテクニックが要るようです。

思わず、箒を持つ手とは反対の手が出てしまいます。

みんなが一生懸命「掃いて」運んでいる中、Y.S.くんは箒で bean bag を押して運び始めたではありませんか。な~るほど、賢い。

2つのグループに分かれて、リレー形式で競いました。みんなエキサイトして、"Go, go!! N.S." などとお友だちの名前を大きな声で呼んで応援していました。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-25 15:01 | プリスクール

2組の見学者を迎えて、ハロウィンウィーク2日目です。

今日は、31日のハロウィンへ向けて、サイン(看板)の制作活動を行いました。これは、Trick-or-treating の時に協力してくださる方々の玄関先に掛けさせていただくもので、当日子どもたちは、この看板を目印に Trick-or-treating します。

b0083872_21303167.jpg顔のパーツをいくつか準備しました。貼り方によって、優しい笑った顔にも、怒った顔にもなります。みんな好きなように表情を作って、オリジナリティ溢れるジャックに仕上げていました。


b0083872_21305516.jpg制作の後は、Pumpkin Bean Bag Toss。

小さなパンプキンを大きなジャコランタンの中へ投げ入れてあそびます。これがなかなか入らないのです・・・。何回も何回もチャレンジして、ようやく一球を入れています。

これからハロウィンの日まで、練習していきましょうね。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-24 18:21 | プリスクール

朝からしとしとと冷たい雨が降っております。

今週から、いよいよハロウィン・ウィークのスタートです。今日から31日のハロウィンまでは、ハロウィン三昧で楽しんでいきたいと思います。

初日の今日は、ハロウィンと言ったらやっぱり、これ、ジャコランタン(Jack-o-lantern)作りです。もちろん、Pumpkin Carving は、31日当日も行う予定ですが、まずは室内装飾用ということで、本日1体のみ、彫り上げました。

ワイズのカボチャは全部で5個です(内一つは鳴神に行ってしまっていますが)。31日までには、各クラスのアクティビティとして全てのカボチャが彫られますので、当日はスクールの窓際をにぎやかに演出してくれることでしょう。

b0083872_23184354.jpgSnack time のあと、子どもたちはスモッグに着替えて、カボチャ彫りの準備は万端です。

トレイシー先生からの "What's inside pumpkin?" という質問に、S.S.ちゃんは "candy!!"、A.Sh.ちゃんは "chocolate!!" などと可愛らしい答えが返ってきます。

・・・だったらよかったのですが、パカッと開いた上部から覗くと、中身は種とわたばかりです。子どもたちは順番に種やわたを取り出す作業を経験しました。

b0083872_23192914.jpgヌルッとした感触がちょっと気持ち悪いですね。何回か順番が回ってくる度に、子どもたちも慣れてきて、しまいにはワシ掴みにして取り出してくれる子もおりました。

T.S.くん、身を乗り出して種を取り出します。小さい体が、今にもカボチャの中にスッポリと入っていってしまいそうです。

b0083872_23195842.jpg中身を取り出し終えると、いよいよジャックの顔を描き入れる作業です。あっちとこっちに離れた大きな目、小さい鼻、鋭い牙むき出しの大きな口。スコット先生は自称「Pumpkin Carving のエキスパート」(笑)です。

子どもたちの下書きから、とっても上手にジャックの顔を彫り上げてくださいました。

みんな、最後までよく集中することができました。余った時間は、ゲームとストーリー。明日以降も、ゲームなどを主体に、いろいろなクラフトやクッキングに挑戦して参ります。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-23 15:10 | プリスクール

Monday, 16

4時からのワークシートタイムです。
"Red, please!"

Tuesday, 17

ケリー先生の singing time はとっても楽しい時間です。
"Roll your hands!!"
"Who's next?"。 "Me!"、"Me!" と一斉に手が挙がります。

Wednesday, 18

「P」アクティビティ
Pink Pig with pink and purple polk-a-dots. How many "p"s did you hear?

Thursday, 19

今週子どもたちはこのお話に夢中です。
"Tell me a scarely story, but not so scarely"
結構長いお話ですが、最後まで釘付けで聞いています。

Friday, 20

今日のクッキングは、P is for pizza 。
この笑顔、ご覧ください!
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-20 18:32 | アフターキンダーガーテン

Almost done! : October 20, 2006


今日の snack は、火曜日にロンパーさんが制作したワークシートさながらの pizza をいただきました。

直径8センチあまりの小さな小さなピザです。

まずは先生方と一緒に、cheese 、onions 、tomato sauce などの言葉を確認してから作業開始です。自分の好きな材料を "......, please." としっかり伝えることができました。みんな自由にトッピングを楽しみました。

b0083872_231646.jpg焼き上がるのを待つのは本当に我慢が要りました。教室に漂うおいしそうないいかおり!早く食べたい気持ちでいっぱいです。

どの子もみんなピザが大好きなことの驚いてしまいました。K.N.ちゃんの食いつきのよさは、普段見ることが出来ないほどでした。ニッコニコ顔で頬張る姿を見ているこちらが幸せな気分になってきました。

b0083872_233223.jpg金曜日は、たいていまったりと過ごしています。P is for playdough. 思えば随分久しぶりの粘土あそびになります。

トドラーさんは、トレイシー先生とお話をしながら自由に遊びました。ロンパーさんは、スコット先生の指示にしたがって、アルファベットの「P」を作ったり、さっき食べたばかりの pizza を作ったりして遊びました。

ランチタイムの時、トレイシー先生がA.Sh.ちゃんに、"Are you finish, A.Sh.?" と尋ねたところ、A.Sh.ちゃんの口から、突然 "Almost done." が飛び出しました。

"Almost done." は、先生方はよく使っていますが、子どもが使っているところを聞いたのは今日のA.Sh.ちゃんが初めてでした。

よくぞ覚えていて、適切に使うことが出来ました!! すごいです。

これに続いて、ひとしきりトレイシー先生と子どもたちの会話が続いたので、書き留めておきたいと思います。

S.S.ちゃんが、"Where's Lynette?" と、急にリネット先生を思い出したのか、尋ねてきました。トレイシー先生は、"I don't know." などとちょっととぼけて見せました。すると、S.S.ちゃんは "Lynette's tummy is very big?" と聞いてきます。そこで先生は、「そうよ、もうすぐ赤ちゃんが生まれるのよ。」と話しました。そうしたら、今度はAちゃんが、"○○(Aちゃんのお母さまのお名前)'s tummy, no baby." 。トレイシー先生も笑っていました。

少しずつですが、このような感じで子どもたちは自分の伝えたいことを何とか伝えて、先生とのお話を楽しむことができるようになってきました。
[PR]
# by ysschool2006 | 2006-10-20 16:44 | プリスクール