郡山市のプリスクールにおけるイマージョン教育レポート


by ysschool2006

雪だるまと雪合戦: December 18, 2006


先週の金曜日は、第2回クリスマスコンサートへのご出席を賜り、まことにありがとうございました。

夏・秋・冬と3つの季節をまたいだ2学期も、あと今週1週間を残すのみとなりました。この2学期間を通して、子どもたちは随分とスクールでの英語生活にも慣れ、どこかしら強ばっていた1学期に比べ、のびのびと学び、遊ぶ姿が見られました。

学習面では、語彙力が増えるにつれ、知っている言葉を駆使して、伝えたい事柄を何とか伝えようとする姿があちらこちらで見られるようになりました。また生活面では、自分で出来ることが増え、「自分で」という自立心も育ってきております。

トドラーさんは、お友だちと積極的に関わりようになりましたし、ロンパーさんも、お友だちとの関わりの中で、集団生活におけるルールや相手を思いやる気持ちなど徐々に学んできております。

ロンパーさんの中でも、特に4才児さんたちは、英語での表現力が飛躍的に伸び、次年度のキンダーガーテンクラスへ向けて、非常に期待が膨らむところです。

さて、今週は review week として、2学期の総まとめをしつつ、冬休みまでの数日を静かに過ごしたいと思います。

12月だというのにちっとも雪が降りませんが、スクールでは snowman を持ち出して、snowball fight を楽しんでおります。

ともこ先生お手製の「壁」に、ブルータックでしっかり固定します。こんな時、このブルータック、重宝します。

白い紙を丸めて snowball に見立てます。ねらいを定めて、「えやっ!」と snowman 目がけて投げつけます。これがまたねらった所に玉は届かず、非常に面白いわけです。

最後に snowman がやられた振りをして、ティム先生がバタンと壁を倒すと、子どもたちは自分たちが勝ったとばかりに大喜びです。かわいいですね。
[PR]
by ysschool2006 | 2006-12-18 17:33 | プリスクール