郡山市のプリスクールにおけるイマージョン教育レポート


by ysschool2006

双眼鏡で何が見える?----September 4, 2006


トイレットロールを2つ貼り合わせただけの双眼鏡。

牧場の動物たちをカードで紹介した後、トレイシー先生が教室中にカードを隠しました(とは言っても見えるところですが)。

先生は子どもたち一人ひとりに双眼鏡を手渡し、"Let's find the animals!" と声掛けしました。子どもたちは一斉に教室中に散らばって、一生懸命双眼鏡を覗きます。

「あっ、Horse! It's a horse!」

真っ先に見つけたのはAちゃんです。とても嬉しそうに私のところへ知らせに来てくれました。

あそびの定番 Hide and Seek も、双眼鏡1つでまったく違う趣向で楽しめます。

子どもたちにとっては見慣れた教室の中も、ちいさな双眼鏡の向こうから覗くと、また違った風景に見えることでしょう。 お互いに覗きあったりする姿も見られました。

K week の今週は、Koala bear のうたであそんで参ります。

みんなもよく知っている "Teddy Bear" song の替え歌で、いろいろな動作を表す言葉を入れ替えてあそびます。

今日はまず先生のお手本で導入です。トレイシー先生が、コアラのお面をかぶった子どもたちに歌いかけます。"Koala bear, Koala bear, turn around"。歌に倣ってみんな一斉の turn around します。次に "Koala bear, Koala bear, touch your head"。そして "Koala bear, Koala bear, jump up high" などなど。

歌は気の赴くままにどこまでも続きます。

S.S.ちゃんなどは、覚えるのがとても速いですから、きっと一両日中にはすっかり覚えて、自分が先生役を買って出てくれることでしょう。
[PR]
by ysschool2006 | 2006-09-04 17:59 | プリスクール