郡山市のプリスクールにおけるイマージョン教育レポート


by ysschool2006

フルーツバスケット-----July 13, 2006


「H」week の snack もイマイチいいものが思い浮かばず、今日が今週はじめてのクッキングです。

(ちなみに H is for hot dog や H is for hamburger などは確かにありますが、あまり子どもたちに食べさせたいものではありません。 )

そこで、H is for honey 。パンケーキを焼いて、ハチミツをたっぷりかけていただくことにしました。

b0083872_114113.jpgトレイシー先生の "Yum. Yum. Hot cake!!" (先生は、pan cake を敢えて hot cake と呼んでいました)の掛け声に、子どもたちも "Yeah ~ !!" と歓声で応えます。

トドラーさんも、大さじを持って、トレイシー先生の焼いてくれたパンケーキに、自分でハチミツをかけました。

食後は、Bee hive のフィンガープレイ。Honey は、Bee hive から採れるのだということを学びました。そう言えは H is for (bee) hive ですね。良い復習でした。

b0083872_14276.jpg後半、もう一つのお楽しみは、Fruit Basket でした。日本でもお馴染みの「フルーツバスケット」です。

7月の学習テーマ「くだもの」に沿って、子どもたちは strawberry 、banana 、orange など、基本の果物は既に学習済みです。

造り物の果物を手に手に、イスで輪を描いて座り、いよいよゲームの始まりです。

ご存知の通り、フルーツバスケットは少々ルールの複雑なあそびです。トドラーさん(ロンパーさんでさえ)、ゲームのルールを理解してもらえるか、少々不安な部分もありましたが、先生方の上手な導入と説明(簡単な英語で基本的なルールを実演をしながら教えてくださいました)で、思った以上に楽しむことが出来ました。

オニ役のトレイシー先生が、"Cherries!!" と声を掛けると、ロンパーさんはみんなちゃんと分かっていて、"Oh-oh" などと言いながら、席を立って移動します。トドラーさんが分からなくてぼんやりしていると、お隣のロンパーさんが(ちゃんと英語で、です)、さりげなくそっと教えてくれるのです。

その優しさに、またまた感激してしまいました。
[PR]
by ysschool2006 | 2006-07-13 14:40 | プリスクール