人気ブログランキング |

郡山市のプリスクールにおけるイマージョン教育レポート


by ysschool2006

Tearfull Morning-----July 4, 2006


Y.S.くん、二日目。昨日は訳が分からず・・・という状態でしたが、今朝はちょっと分かってきたようで、お母さまとのお別れは、涙、涙。私に抱かれ、泣きながらお別れしました。お母さまの姿が見えなくなると、間もなく泣き止んで、すんなり遊びに入っていきました。

A.Su.ちゃんも、今朝はお母さまにがっちりしがみついて離れません。モーニングルーティーンがはじまるどさくさに紛れて、何とかお別れできました。

N.M.ちゃんも、悲しげな表情で教室に入ってきました。一生懸命涙をこらえています。お伺いすれば今週、お祖母さまが遊びにいらしているのだそうです。それでは一人だけスクールに来るのはとてもつらいことでしょう。ぜひ明日まで頑張って欲しいです。

すると、今度はどうでしょう!S.K.くんも別のところでお母さまのお膝の上で抱っこされて泣いています。これまで全く問題なく英語生活に馴染んできたS.K.くんが、初めて見せた涙です。

小さな子どものことですから、その成長には波があります。一進一退を繰り返したりすることもありますし、一見停滞しているかのように見えるのですが、ぐっと力を溜め込んでいて、ある日突然に急激な進歩を見せたりすることもあります。

その日の体調が天候に左右されることも大いにあります。また、登園前のお家での状況をそのまま引き摺って来ることも考えられます。

これまで調子良く過ごしていたお子さんが、急に、まるで逆戻りしたかのように不安がったり、泣きっぽくなったりすることは、子どもの成長の一つのステップなのだと思います。

でも、一人が不安がると、それが他のお子さんたちにも伝染したりするものです。環境を敏感に察知するナイーブなAちゃんやS.S.ちゃんは、今朝の様子をちょっと不安げな表情で見守っていました。

どのお子さんも、本当に朝のうちだけのことで、モーニングルーティーンが始まると、すんなりふだんの英語生活に入っていきます。

毎日のことですから、こんな日もあります。様子を見守りながら過ごして参ります。

ロンパーさんはアルファベットの課業です。今週は、G week です。

G is for grandmother. 明日の grandfather とセットで学習していきます。みんなのお祖母ちゃんの可愛らしいこと!

本当は G is for glasses. で、"Grandma's glasses, Grandpa's hat" の歌に合わせて、メガネをかける予定でしたが、みんなのお祖母ちゃんがあまりに可愛らしすぎるので、リネット先生がおっしゃって、「あしたのお祖父さんにかけさせましょう」ということになりました。確かに、納得です。


ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテンのホームページはこちら
by ysschool2006 | 2006-07-04 15:38 | プリスクール