郡山市のプリスクールにおけるイマージョン教育レポート


by ysschool2006

<   2006年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧


今日は暑い暑い日でした。

蒸し蒸しとする中、時おり日が差すので、汗がじわ~っと出てきます。水あそびは7月からの予定でしたが、急遽一日繰り上げてプールを準備しました。

本格的に入るのではなく、プールに10センチほど水を溜めて、バシャバシャと水しぶきで遊ぶことにしました。トドラーさんがあそび始めた11時過ぎは、ちょうど日差しも隠れ出し、グッドタイミングでした。

水もあっという間にぬるくなって、子どもたちは、今年度最初の水あそびを満喫していました。

びっくりしたのはK.N.ちゃん。プールに入ったとたんにつるんと滑って、great fall !!

その場に居合わせたトレイシー先生も、プールの準備でお手伝いしてくれていたさとし先生も、朋子先生もわたしも全員びっくり仰天です。でも一番驚いたのは当のご本人でした。ケガはなかったかしらと心配顔の先生方を見回して、「ウォホホー!!」と豪快に笑うK.N.ちゃんでした。

b0083872_1640238.jpg男の子たちも、大はしゃぎでボールを投げたり、水を掛け合ったりしていました。

K.M.ちゃんは、おもむろに水に顔を付けはじめました。後からお母さまにお話したところ、スイミングに通っていらっしゃるそうです。すごいですね。

楽しい水あそびは、あっという間に終わってしまいますね。お着替えをしながら "Did you have fun?" と尋ねると、大きくうなづく子どもたちです。

今年は全国的にプール熱が流行っているそうです。東北ではまだあまり聞かれませんが、関西や九州の方ではすでにたくさんの報告が挙がっているようです。主な症状は、喉の痛み、結膜炎と高熱です。プールの後にしっかりシャワーすることと、バスタオルを使い回さないことで予防できるそうですので、十分に気をつけて参りたいと思います。

ちなみにロンパーさんは、午後から水あそびを楽しみました。

来週から7月です。天候さえ良いようでしたら積極的に水あそびを取り入れて参りますので、保護者のみなさま水着のご準備よろしくお願いいたします。


---<お知らせ>---------------------------------------------
b0083872_16114182.gif

羽鳥湖湖畔の別荘に泊まって、英語「で」キャンプします。ワイズのイマージョンプログラムを取り入れていますから、しっかり学べます! →詳しくはこちら

ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテンのホームページはこちら
[PR]
by ysschool2006 | 2006-06-30 14:44 | プリスクール

もうすぐ七夕です。今日は、"Shapes" の復習も兼ねて、スタンピングで天の川を制作してみました。

Triangle、 square や diamond の形に切ったスポンジに絵の具を付けて、大きな紙にみんなでペタンペタンとしていきます。色や形は、自分で好きなものを選び、先生から受け取ります。

b0083872_16421138.jpg紙があまりに大きいので、二つのグループに分かれて作業しました。S.S.ちゃんは、リネット先生を見習って、とても上手にスタンピングしていきます。それを見ていたお隣のR.K.くんも、色を時々変えながら夢中で押しています。向かいのH.U.くんは、S.S.ちゃんのスタンプする姿をじーっと眺めています。(じょうずにやってるな~)と感心しているような様子です。

AちゃんもB.J.くんも一生懸命押していました。B.K.くんは、手についた絵の具が気になるようで、じっと両手を広げて眺めたり、グーパーしながら絵の具のベタベタする感触を味わったりしていました。

もう一つのグループでは、とても独創的なことが始まっていました。

最初はみんなでおとなしくポンポンと押していましたが、次第にそれぞれが、だんだん想像力を膨らませはじめてきました。A.Sh.ちゃんは、押した形がキリンに見えてきたようで、"It's a giraf!" と言いながら長い首を描き始めました。K.N.ちゃんは、おとなりのお姉さんを真似て、"Giraf!!" と言いながら同じようにスポンジを使い始めました。

N.M.ちゃんもH.K.くんも、豪快にスポンジをたたきつけ、まるで前衛芸術家のようです。

結果、天の川のお星様のようではなくなってしまいましたが、とても素敵な作品に仕上がりました。

制作活動中の出来事です。A.Sh.ちゃん(4才)が、おとなりで作業中のK.N.ちゃん(2才)の絵の具が、足にひかかってこぼれそうになっているのに目敏く気が付いて、"Oh-oh" と言いながらこぼれないように直してくれました。

このような光景を目にすると、異年齢の子どもたちが共同で活動することによって得られる効果に感嘆します。同年齢の子どもたちのみの保育では、今日のこのA.Sh.ちゃんのような、さり気ない優しさを見ることができたかしら、と思ってしまいます。


---<お知らせ>---------------------------------------------
b0083872_16114182.gif

羽鳥湖湖畔の別荘に泊まって、英語「で」キャンプします。ワイズのイマージョンプログラムを取り入れていますから、しっかり学べます! →詳しくはこちら

ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテンのホームページはこちら
[PR]
by ysschool2006 | 2006-06-29 14:08 | プリスクール

b0083872_16442850.jpg教室の窓があまりにも殺風景なので、子どもたちの作品で飾ってもらうことにしました。

透明なソフトプラスチック板に油性マジックでお絵かきを楽しみました。額縁を付けると、立派な仕上がりです。

A.Sh.ちゃんは、ブランコに乗っている自分の絵を描きました。表情もしっかりと描かれて、楽しくブランコに乗っている様子がとても上手に表現されていました。

トドラーさんたちも、好きな色をつかって、グルグルと額縁の中でマジックを走らせていました。

窓に貼ると、まるでステンドグラスのようです。明るい日差しに透かされて、みんなの作品が、よりあざやかに色取られました。

教室の中も明るくなりました。ロンパーさんにとっては、テーブルに座って課業をするとき、ちょうど良い目かくしにもなるので、思わぬ効果です。


---<お知らせ>---------------------------------------------
b0083872_16114182.gif

羽鳥湖湖畔の別荘に泊まって、英語「で」キャンプします。ワイズのイマージョンプログラムを取り入れていますから、しっかり学べます! →詳しくはこちら

ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテンのホームページはこちら
[PR]
by ysschool2006 | 2006-06-28 15:37 | プリスクール

Fingerplays

日本に伝統的な手あそびうたがたくさんあるように、英語圏にも、もちろんたくさんの Fingerplays があります。

ところで、他のお国ではどうなのでしょうか?ヨーロッパ、インドや中国、アラブではどんな手あそびうたをするのでしょう?アフリカや南米では?きっと、それぞれの文化に根ざした手あそびうたが世界中に存在するのはないでしょうか。

なぜなら、子どもと手あそびうたとは、普遍的に結びついた、人類に共通の文化だと思うからです。

トドラークラスの子どもたちも、トレイシー先生の歌う手あそびうたが大好きです。最近の手あそびうたは、「蜂の巣」の歌です。"Here is the beehive..." と始まると、みんな目がキラキラッとしてきます。最後に"Bzzz..." と5匹のミツバチが自分たちに向って飛んでくるのを知っているからです。

5匹のミツバチにくすぐられるのが大好きなのです。

今日はH.K.くんとK.N.ちゃんが、身をかがめて蜂の巣から出てくる5匹のミツバチを見つめています。実際に手あそびする前に、イメージを捉えるため、先生が実演をしてくれます。蜂の巣の穴から、one, two, ... とミツバチが飛び出してくると、更に更に身をかがめて、一生懸命巣の中を覗き込もうとしている姿が本当に可愛らしいです。

次は、歌に合わせて自分たちが実演を体験する番です。K.N.ちゃんは、真剣な表情で、歌に合わせて一つずつ穴からハチを出していました。

そして、いよいよ本番。先生と一緒に歌いながら手を動かしていきます。ミツバチが飛んでくると、きゃ~と大喜びで逃げ回ります。

こんな風に毎日繰り返し遊んでいると、終いには、子どもたちはうたを全部覚えてしまいます。ロンパークラスのフェルトボードも同様です。

このように、歌を通じて言葉を覚えていくということ、そこに流れる、温かい、ゆったりとした時間がイメージできると思います。わたしは、とても素敵なことだと思います。

「歌うだけでは英会話は学べない」と主張する英会話スクールもありますが、それではあまりに窮屈で、つまらないです。


---<お知らせ>---------------------------------------------
b0083872_16114182.gif

羽鳥湖湖畔の別荘に泊まって、英語「で」キャンプします。ワイズのイマージョンプログラムを取り入れていますから、しっかり学べます! →詳しくはこちら

ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテンのホームページはこちら
[PR]
by ysschool2006 | 2006-06-27 16:00 | プリスクール

4月24日の入園式から、ちょうど2ヶ月が経過しました。

最初の一週間は、今思い出しても、子どもも大人も本当に大変な一週間でした。一人でも泣く子がいると、その子の不安がみんなに伝染し、とにかく涙が出てきて止まらない、という状況でした。大好きな歌や遊びでしのぎながら、子どもたちは必死にお母さまとのお別れに耐えていました。

保護者の皆さまの深い愛情とご協力、そして子どもたちの頑張りで、ゴールデンウィーク明け頃から、クラスが急速に安定し始めました。

一人が良くなってくると、これもまたみんなに伝染して、あっという間にクラス全体がまとまり始めました。子どもたちの口から次々に英語が飛び出すようになってきました。

ご家庭からも、こんなことを言った、あんなことをつぶやいた、と連絡帳を通して、本当にたくさんの感動や驚きを知らせていただきました(もちろん今も、毎日知らせていただいています)。

そのような子どもたちの成長ぶりを、心から嬉しく思います。彼らの英語だけではなく、生活を共にするからこそ出会える感動を、毎日毎日与えてもらっています。

もちろん、いいことばかりではありません。子どもの成長は一進一退の繰り返し。ちょーっと進んでしばらく休んで・・・そしてぐんっと伸びて、でもまた元に戻って・・・、というようなサイクルの中で、気付くといつの間にかとても頼もしくなっている、そのようなものであると思います。

概して、大人が思うようにうまくいくものではないので、いたずらに悩んでしまったり、イライラしてしまったりすることも度々あります。

だからこそ、子どもの成長を目の当たりにした時の感動もひとしおなのでしょうし、それがまた子どもと共に生きることの喜びでもあります。

子どもたちの英語生活は、たった今はじまったばかりです。まだまだ続きます。行く先は長い長い道のりです。

今、わたしに出来ることは、焦らずじっくり構えて、この幼い子らの未来のために、根っこを育てて行ってあげることだと強く思っています。

「はじめの一歩」を踏み出し、ようやくふうっと一息つけるところまでやってきました。ここで気持ちを新たにし、次なる一歩を踏み出して行きたいな、と思います。

さてさて、今週は Review Week です。6月の学習テーマは「いろ・かたち」でした。アルファベットは、D / E / F です。

今日のH.K.くん、ロンパークラスに初チャレンジです。アルファベットパズルを使って復習をするということで、リネット先生から「少し交ざってみたら?」と、お誘いが。

トレイシー先生も後ろから見守る中、"A, airplane..." と始まりました。その後、パズルへ。先生の示すカードにある文字を見つけてきて名前を言います。H.K.くんは、「U」、「A」、「F」などのカードに当たり、頑張って探していました。


---<お知らせ>---------------------------------------------
b0083872_16114182.gif

羽鳥湖湖畔の別荘に泊まって、英語「で」キャンプします。ワイズのイマージョンプログラムを取り入れていますから、しっかり学べます! →詳しくはこちら

ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテンのホームページはこちら
[PR]
by ysschool2006 | 2006-06-26 15:40 | プリスクール

F is for fish.

壁面制作の一つとして、みんなに「にじいろのさかな」を作ってもらいました。

Marcus Phister の有名な絵本がありますが、その本に登場する「にじいろのさかな」のように、七色のホイルおりがみで一つ一つのウロコを貼り付けて作っていきます。

さかなの形や色も自分で選びます。ホイルの色も自分で選びます。

ロンパーさんは、一つ一つ色の名前を言って先生からウロコをもらい、両面テープを剥がせない子は、"Open, please" と言って先生に剥がしてもらいます。先生方がご準備された「お手本」に忠実にウロコを並べていきます。A.Sh.ちゃん、とっても几帳面に先生の作品を再現していました。A.Su.ちゃんも、斜めではありましたが、しっかりきれ~いにウロコが並んでいます。

トドラーさんは、先生から剥がしてもらった状態のウロコを "Thank you" と言ってもらい、重ならないように上手に貼り付けます。はじめは、両面テープの部分が、透明なのにどうしてベタベタするんだろう・・・という感じで、指で何度もベタベタ感を確認するうちにホイルおりがみが丸まってしまったりしましたが、次第に要領を得て、上手に貼り始めることができました。中には、同じ場所に重ねて貼り付けてしまったり、貼ったものを剥がしてしまったり、というお友だちもおりましたが、それがまた味のある作品として仕上がっています。

b0083872_22101748.jpgみんなの力作は、7月から窓際を飾ります。どうぞお楽しみに。





---<お知らせ>---------------------------------------------
b0083872_16114182.gif

羽鳥湖湖畔の別荘に泊まって、英語「で」キャンプします。ワイズのイマージョンプログラムを取り入れていますから、しっかり学べます! →詳しくはこちら

ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテンのホームページはこちら
[PR]
by ysschool2006 | 2006-06-23 16:46 | プリスクール

公園にて-----June 22, 2006


蒸し暑い日が多くなって参りました。まさに梅雨、真っ盛りです。今日も時々日は差すものの、雨の匂いのするあやしい風が吹いています。

b0083872_228117.jpg麓山の杜の公園へ出掛けました。石の遊び場には、毎回必ず同じ年くらいのお子さん方が遊びにいらっしゃっています。どんなに子どもが多くても、緑のスクール帽子がしっかりワイズの子の居場所を知らせてくれるので助かります。

今日は特に公園の人口密度が高く、トドラーさんはあちこちで他のお友だちとハプニングを起こしてしまいました。遊具で遊んでいるときお友だちを押してしまったり、お友だちの遊んでいるおもちゃが欲しくなって取ってしまったり。

公園での遊び方も、お友だちとの関わり方も、すべてこれから学んでいかなくてはいけない大事なことばかりです。今後も一つ一つのケースを丁寧に指導していきたいと思います。

ロンパーさんは、公園への道すがら、真剣に dandelion 探しです。S.S.ちゃんは途中で一つ見つけて、公園へ辿り着くと、先にトドラーさんと来ていたリネット先生に駆けよって、"Lynette, look! It's a dandelion!!" といいながら、たんぽぽを差し出していました。短い文でしたが、正しく、ごく自然に発せられていました。

公園から帰ってくると、みんな汗だくです。これからの季節の屋外活動は、水分補給をこまめに行って参ります。


---<お知らせ>---------------------------------------------
b0083872_16114182.gif

羽鳥湖湖畔の別荘に泊まって、英語「で」キャンプします。ワイズのイマージョンプログラムを取り入れていますから、しっかり学べます! →詳しくはこちら

ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテンのホームページはこちら
[PR]
by ysschool2006 | 2006-06-22 16:26 | プリスクール

各自持ち寄ってもらった果物で Fruits Salad を作って食べました。

b0083872_22151100.jpgサラダとは言っても、お野菜やドレッシングが入る訳でもなく、単に一口サイズのカットフルーツをざくっと混ぜ合わせただけのものです。オーストラリアのフルーツサラダには、メロンやスイカ、マンゴーが入っているそうです。おいしそうですね。

集まった果物は、もちろんメロン、そのほかオレンジ、バナナ、黄桃、キウイ、さくらんぼなどなどでした。お母さま方ご協力ありがとうございました。

The Wiggles の "Fruits Salad" の曲をBGMに、一人ひとり果物の名前を言ってもらいながら、持参したフルーツをボールの中に入れていきます。そしてまた、一人ずつ順番にボールの中身をかき混ぜて、出来上がり。

N.S.ちゃんのように果物全般が苦手、というお子さまもいらっしゃいます。R.K.くんも苦手の様子。それでもみんなと一緒だから・・・と、フォークをお口に運ぶ姿が見られました。・・・やっぱりダメ、だったのですが、はじめから与えないのは、もっとダメなことだと思うのです。

オレンジが唯一食べられる果物です、と連絡ノートに書いてこられたK.N.ちゃんのお母さまでしたが、嬉しいことにK.N.ちゃんは、(完食はできませんでしたが、)オレンジ以外の果物も少し食べることが出来ていました。

その後トドラーさんは Four Corners へ。今日から形のパズルとビーズの maze を遊び場へ入れました。まず飛び付いたのは、B.J.くんでした。すごい集中力で maze に取り組んでいます。つーっとよだれが落ちてくるくらい夢中になってビーズを動かしています。

一方のロンパーさんは、F is for flowers 。今週の形、"heart" を使って花の形に仕上げます。細かい作業ですが、根気良く頑張っていました。

水ぼうそう第三弾、始まった模様です。


---<お知らせ>---------------------------------------------
b0083872_16114182.gif

羽鳥湖湖畔の別荘に泊まって、英語「で」キャンプします。ワイズのイマージョンプログラムを取り入れていますから、しっかり学べます! →詳しくはこちら

ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテンのホームページはこちら
[PR]
by ysschool2006 | 2006-06-21 15:04 | プリスクール

F is for fireworks.

b0083872_21593723.jpgロンパーさんは、今日のアルファベットワークシートに「花火」を描きました。リネット先生が、夜空に咲くきれいな花火の写真を見せてくれました。

"fireworks" の意味がわかった子どもたちは、一斉に自分の好きな色のクレヨンを先生にもらいます。そして、一気に夜空に上がる花火のイメージを、画用紙にぶつけていました。

N.M.ちゃんは、鼻歌まじりに色とりどりのクレヨンで火花を書き殴ります。A.Su.ちゃんは、しばらく悩んだ後、とっても独創的な花火を描き始めました。S.K.くんも。

内から外へ向う線が、大人にはできない表現です。花火は動くものですから、ぱあっと上がってドーンとひらいて、そしてす~っと(?)、パラパラっと(?)消えてなくなります。その動きがこの線に表されているのかな~と思いました。

仕上げに、絵の具で「夜空」をぬって、できあがり。とってもきれいです。

F is for fruits.

今日は造りものの果物を使って "feeling" の課業です。トドラーさんも交じえて、いろいろな果物を触って感触を楽しみました。apple は smooth だとか、orange は rough だとか、また、peach は furry であるなど、実際に体験しながら、果物の名前と感触を表す形容詞の紹介をしました。

その後のアクティビティ "What's inside the bag?" でも、先程の rough や smooth をヒントにして中の果物を当てる姿が見られました。


---<お知らせ>---------------------------------------------
b0083872_16114182.gif

羽鳥湖湖畔の別荘に泊まって、英語「で」キャンプします。ワイズのイマージョンプログラムを取り入れていますから、しっかり学べます! →詳しくはこちら

ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテンのホームページはこちら
[PR]
by ysschool2006 | 2006-06-20 17:47 | プリスクール

6月の学習テーマ、"Shapes" の課業で、既習の形(circle, triangle, square)に切ったタックシールを使って、図形あそびを行いました。タングラムのように、三角形や四角形を合わせて一つの絵を作っていきます。

b0083872_215763.jpg円・三角形・四角形の3つの形は、それぞれ5~6色準備されていて、子どもたちは、欲しい色、欲しい形をいちいち先生に伝えて、一つずつもらわなくてはなりません。習った言葉をアウトプットさせるねらいです。

H.K.くんは、リネット先生に、"Red circle, please" 、"Blue square, please" のように、しっかりした口調でリクエストできていたのでびっくりとともに、とても嬉しかったです。

さてさて、みんなの作品を覗いて見ると・・・。四角形と三角形で "house" を思い付いたお友だちがたくさんおりました。N.M.ちゃんの何やら大きな塊は、初め "robot" で、それが後から "car" になりました。A.Sh.ちゃんは、(さすが!)4才の力量を発揮して、三角形が二つで "butterfly" や、円と三角形で "sunny" など、「あ、なるほどね~」という絵を作っていました。また、面白いところでは、Aちゃんの "river" でした。青の三角形が何個も連なっているのですが・・・、子どものイマジネーションの世界、本当におもしろいです。

先週から singing time で、新しい walking song を導入しています。これまでの "Walking, Walking" も子ども

たちに大人気で、この曲がかかると奇声が上がるほどでしたが、こちらの walking song もバリエーションに富んでいて、動きも曲も楽しいです。

この曲の2番は、ボーカルの入っていない、いわゆる「カラオケ・バージョン」になっているのですが、今週に入り、S.S.ちゃんが歌詞を覚えて口ずさみ始めました。その声につられて他のみんなも動きながら声も出し始めました。


---<お知らせ>---------------------------------------------
b0083872_16114182.gif

羽鳥湖湖畔の別荘に泊まって、英語「で」キャンプします。ワイズのイマージョンプログラムを取り入れていますから、しっかり学べます! →詳しくはこちら
[PR]
by ysschool2006 | 2006-06-19 15:16 | プリスクール