郡山市のプリスクールにおけるイマージョン教育レポート


by ysschool2006

一番人気の花瓶は?: January 31, 2007


b0083872_23494559.jpg今日はクラスタイムを短縮し、オニのお面作りに時間を割きました。

まずは、クレヨンと絵の具ではじき絵を制作しました。乾いたら、オニのお顔を仕上げていきます。大きくま~るい目と鼻、するどい牙、そしてニョッキと突き出た二つの角。角は、ともこ先生が準備してくださったいろいろな色の中から、好きなものを選んでいきます。

b0083872_2350027.jpgこのお面は、今週金曜日の「オニが来る日」にかぶって、オニ退治をしたいと思います。





さて、もう一つの課業は、V is for vote で、アルファベット・アクティビティを行いました。「V」週に制作した vase (花瓶) に、ともこ先生がきれいにニスを塗って仕上げてくださいました。

これらの花瓶の中で、どの花瓶が一番素敵と思うか、みんなに「投票(vote)」してもらいます。

丸テーブルの上に、大小さまざまの色あざやかな花瓶が並べられます。これらを取り囲むように、子どもたちはイスに腰掛けます。

まずはティム先生、続いて私が「投票」しました。ここまでで、だいたいの子どもたちはこの課業の趣旨を理解してくれたようです。

b0083872_23502872.jpgいよいよ子どもたちの番です。一人ひとり名前を呼ばれ、前へ進み出ます。一粒のマーブルを与えられると、厳粛(?)な雰囲気の中「投票」がはじまりました。

サッと選んで、サッと済ませてしまう子もいれば、一つ一つの花瓶を吟味して、ゆっくり選んで投票する子もいます。

マーブルを瓶の中に落とした時のカラン・・という涼しい音も、小さい子たちには楽しかったようです。

最後に日本人の先生方にも投票してもらい、いよいよ開票の時です!一番得票(the votes)したのは誰の花瓶でしょうか?

ティム先生が、一つずつ、花瓶の中に入っているマーブルの数を数えていきます。いつしか全員で一斉に数えていました。結果は、といいますと、A.Su.ちゃん、Y.S.くん、H.U.くんの花瓶が、それぞれ4票を獲得し、同点で一番人気の座を獲得しました。

子どもたち全員が、まるで自分のことのように喜びながら拍手していました。"Vote" という馴染みのない行為、どうかなぁと半信半疑で導入しましたが、意外にも大成功で、皆が楽しめました。
[PR]
by ysschool2006 | 2007-01-31 15:59 | プリスクール