郡山市のプリスクールにおけるイマージョン教育レポート


by ysschool2006

Xylophone Music: January 24, 2007


去年もあそんだガラスびんで作る xylophone です。

A.Sh.ちゃんはそのことを覚えていて、トレイシー先生がガラスびんを出してくると、すぐに "Xylophone!!" と、ぴょんぴょん飛び跳ねだしました。

はじめての子たちは、「何が始まるんだろう?」と興味津々で見つめます。

一人ずつ前へ出て、ガラスのびんに、好きなだけ水を入れていきます。ちょっとだけ入れる子、たくさん入れる子、様々です。

15個ほどの水の入ったびんが、テーブルにズラ~ッと並べられました。

b0083872_23214593.jpgさてさて、ここからがとっても楽しいところです。一人ずつガラスびんの xylophone を奏でていきます。音色に耳を傾けようと、おしゃべりや物音で雑然としていたクラスが、し~んと静まりました。教室に、ティン、ティン、ティン・・・と、涼やかな音色が響き渡ります。

b0083872_2322747.jpgこのときの子どもたちの嬉しそうな顔。この日誌に掲載するお写真ではなかなか分かりにくいのが残念です。

私は、瞳を輝かせて大人を見上げる、このような子どもの眼差しに出会ったとき、本当にとても愛おしいと思います。この眼差しを大切に守っていくことこそが、私の教育というものへの本分である、と心から思います。
b0083872_23222076.jpg
[PR]
by ysschool2006 | 2007-01-24 16:39 | プリスクール