郡山市のプリスクールにおけるイマージョン教育レポート


by ysschool2006

オオカミさん、今何時?: January 19, 2007


金曜日は、たいていの子どもたちがエネルギーを持て余して、興奮気味に過ごします。

幼いながらに週末だということが分かって嬉しいのでしょうか(大人の発想)?それとも、月曜日から徐々に蓄積されてきた興奮が金曜日に最高潮に達するのでしょうか?

そこで、週末には、たいていエネルギーを発散させられるアクティビティを行うことにしています。暖かかった頃はよく公園へ出掛けておりましたが、今は室内で楽しめるゲームや運動を行っております。

b0083872_23454152.jpg今日は、W is for wolf で、"What's the time, Mr. Wolf?" であそびました。Hickoly Dickoly Duck の柱時計を持ち出してきて、まずはリネット先生が Mr. Wolf になり、子どもたちにルールを紹介します。

何も分からないまま "What's the time, Mr. Wolf?" の質問を何度も言わされ、その都度先生の方へ一歩一歩近付く子どもたち。本当に間近に迫った時、最後の答えは・・・ "It's lunch time!!" 。先生がオオカミのパペットを使って、こわい声で驚かしました。

「きゃ~」と逃げ出す子。呆然と立ちすくんで動けない子。トドラーさんの中には、何が起こったかさえまだ分かってない子もいて、みんなのそれぞれの反応に、周囲の大人は声を上げて大笑いでした。

b0083872_23455978.jpg"Who wants to be Mr. Wolf next?"

次々に手が挙がり、Aちゃんがトップバッターで Mr. Wolf です。"What's the time, Mr. Wolf?" の質問に、時計の短針を自分で動かして、ちゃんと "It's ○○ o'clock." と答えることができています。

次からは、Mr. Wolf に捕まったお友だちが順々にオオカミ役をやりました。みんな、きゃ~きゃ~と黄色い歓声で逃げ回り、かなりエネルギーを消耗できました。

もう一つは、お正月あそび「羽子板」です。ともこ先生お手製の "Hagoita" 。こちらはちょっと難しかったようです。

あっという間に(本当の)ランチタイムがやってきました。十分に体を動かした子どもたちは、落ち着いてランチの準備に入り、そしてモリモリ食べていました。やはり十分な運動と食事はとても大切ですね。
[PR]
by ysschool2006 | 2007-01-19 16:12 | プリスクール